まずい

  • 2018.05.10 Thursday
  • 17:30

マンションに戻ってみたけれどどうも具合が合わないというか、調子がおかしい

空間だけ切り離されている感じで現実感がない

何もできないし

外に出たら出たで、狭い道の中の人たちが邪魔に感じてイライラしてしまう

この街は住みやすいしって4年いたけど、実はあってないのかもと思ってきた

というより目的も変わってきたなら合わなくなるのは当たり前なんだろう


自宅で作業したりすることを中心にしていきたいなら、やっぱりそういうところに住まなくてはいけないんだなと感じる

今の家は好きだけどずっと篭れる精神的に生産的な家ではない

寝に帰るならよい家

あとはどこにでも近いから出かけるのが面倒がないくらい

家で何かするなら実家の方が本当にあっている

でも、母親が戻ってきたら居場所はない


どうするかなあ


寒い日

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 22:04

家の中にいるけれど雨の音が聞こえるのが不思議だ

 

生きてる感じがするのはなぜなのだろうか

 

ハナウタ

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 00:29

[ALEXANDROS]×最果タヒ らしい

 

最初、!?!?ってなって、とりあえず聴いてみて、なんとなく引っかかるからプレイリストに入れとこうという感じでいた

今日ずーっととりあえずエンドレスでこの一曲を聴いていたのだけれど、なんか不思議な力がある気がした

耳障りも良いんだけど、ただ聴いているとだんだん涙が出そうになる

でも、別にどこの部分で、とかどこの言葉でとかじゃなくて、全体的な空気から

集中して聴く曲という感じではないのに、感情に入り込んでくる感じが不思議だなあと

で、最果タヒが歌ってるってことなのか?なんでどうして?って思って最初聴いていたのだけれどそういうことじゃなさそうで、気づいたのがだいぶ遅くて、突然、あ、この歌詞書いてるってことかとなった

本当にだいぶ遅くて自分で笑ってしまうくらい鈍いと思った

面白いことに、これだけ何回も聴いているのに全く歌詞が入ってこないという

「コドク」っていう言葉が多いなというのと、なんとなくメトロのcmの曲でメトロって出てくるにもかかわらず海辺が思い浮かぶなあとそれくらい

[ALEXANDROS]は、存在はもちろん知っていたけれどそこまで興味も持てず、ちゃんと聴くのが初めてだったのだけどきっとボーカルの人が作詞作曲をしているのだろうと思っていたから、コラボって面白いなと思った

ちなみに、最果タヒは中身が実は薄い感じが好きじゃない

歌詞も文字で見てみたら意味がわからない

でも、不思議なことに曲と合っていて曲になるとめっちゃいい

ボーカルの人の声が良いのね

 

ちなみに調べたら小林武史がさらに関わっているらしい

そりゃあ耳馴染みが良いわけだとさらに納得した

 

正体不明

  • 2018.05.07 Monday
  • 11:22


旅の本買おうと思って、本屋さんで立ち読みで比べまくって、1泊2日絶景さんぽ旅というムックを買った

写真がすごくきれいだったので

もう一個いいかもと思ったものは、少し安くて情報も詰まっていたのだけれど写真が絶望的に悪かった

拡大しすぎてぼやけているものがたくさんあったり、そんな大きい写真でもないのに売り物がこんな手抜きでいいの?って思ってしまった

 

 

これは本当に写真がきれいなものが多い

誰が撮ったのかな?と思ったけれど多分PIXTAで買っているぽい

それならありそうな気もするけれどストックフォトで写真を売るって、そういうことか!撮った人もわからないただの写真になるってことかってちょっと残念感

一応、撮影っていう人も名前載ってたから検索してみたけれど何にも出てこなかったから写真家の人でもなさそうだし何を撮ったのかもわからない

できれば、どういうカメラでどんなレンズでどんな風に撮って、どういう加工をしたっていうことまで知りたいものが結構あった

写真が現実感なさすぎるから、もしここに行ったとしても絶対にこんな光景はないのだろうとも思ったり

絶景っていう写真集とか旅行本すごく増えたね

 

 

 

 

ストップ感

  • 2018.05.06 Sunday
  • 23:46

変拍子どうやったらマスターできるんだろうって思いながらyoutube見てたら変拍子を解説しながら叩いているドラマーさんがいて、分かりやすかった

そもそも私、叩けるようにならなくていいんだ、ただもっと変拍子のバリエーションが知りたかっただけなのだと改めて気付いた

叩いてみたいけど

その前にギターのエフェクター整理するのが先

それで、変拍子はスコアがあったらより理解できると認識できた

ドラクエの曲も変拍子が結構使われていたって、知らなかった

どういう形で組み込むのがいいのかなあと悩みつつまた何にも考えられなくなってきたから困った

なんとなく、ちょっと行き詰まってきた

 

目に見えないものにまだ縛られているなあ

自分でも気づけないのだからかなり重症だと感じる

 

 

 

 

 

もやもや

  • 2018.05.05 Saturday
  • 10:15

昨日、微妙なことがまだあった

 

カフェで、スムージーを頼んで席でお待ちくださいと言われたから席で待っていたのだけれど、お待たせしましたと言って持ってきた人がまず、番号立っているやつを回収しようともせずこちをずっと見てくる

それで自分がその札を取ってあげたら普通なかんじで置いて、あれ、これだけでいいんですよねと言われてはいと答える

なんか変なのと思ったんだけど

そこにストローもなかった

うーん、セルフの店だとしても普通ストローだけ先にお持ちくださいとでも言わない限り人って持ってこないよな・・・

自分がもしこういう立場だったら絶対に持ってくるけどなあと思いながらストロー取りに行ったらストローなんて置いてなかった
仕方なくさっきの店員さんにストローくださいと言ったら、あ、すみませんと言われてもらったのだけど
これってわざと?と思うってしまうくらい私の中ではありえなかった
わざとだとしたら何のために突然お客さんをそうやっていじめるのかも謎だし
それを天然的に気づけなくてできないっていうことはかなり人として鈍感というか
最近担当医と話していた想像力の欠如ってこういうことなんだろうなあと
できて当たり前なことなんだろうけど、でもこんなことどうでもいい人は本当にどうでもいいことで
こんなぐちぐち考えたりもしないはず
なんでこんな次の日に持ち越すまで考えてしまうのかわからない
前は、お店で働くとしたら自分がお客さんとして行きたいと思わないところがいいなとよく言っていた
何故かというと、自分がお客さんとして居心地がいいところって接客が徹底していてサボれないから嫌だと思っていた
でも安いところってサービス求められないし、もし今後サービス業をやることがあるなら絶対にサービスをちゃんと売る店が良いなとちょっと思った
人って一回サービスを受けてしまうと、それが当たり前になってくる
私のマンションの方のスーパーは、割と買ったものを袋に詰めてくれたりする
でも、実家の方ではそれが絶対にない
どんなに物が少なくても、お菓子二個だけだとしても、混んでいなくても、袋を別に渡される
一個は試してないけど
前はどうでもよかったのに、普段やってもらえてると、やってくれないんだって思ってしまうのね
あと、実家の方のお客さんの方が横から入ったりすごい
それを店員さんも見て見ぬ振りをしているとさらにがっかりする
そこはお客さんが悪いっていうより店員さんがしっかりしなきゃいけない部分もあるだろうにと思う
こっちの方が時給が少し安いからか?
とか思考が止まらないよ
客層が悪い激安店とかもう行きたくない
それだったらちょっと高くても客層も良くて店員さんもしっかりしている方がいいやって思う
その方が生きやすいみたいだ

無知はダメなのか

  • 2018.05.04 Friday
  • 23:59

ダヴィストック洗脳研究所の本を読み始めた

なかなか事実だといたら恐ろしいなあと、知らないことも多すぎるし知らない方がいいこともきっと多いんだろうなと感じる

実際政治に興味があるわけではなくてそういうことは未だに疎いのだけど

この本を読むきっかけになったのがやっぱりビートルズ

芸術は嘘つかないって思ってきたから音楽が洗脳の道具に使われるっていうのはちょっとショックだったから

 

なんかねよくわからないのが

身体がすごい敏感になると大変だよって思う

添加物が身体に悪いとはいえ、それを避けて通るのってもうすごく大変なくらい世の中に出回っていてさ

良くはないけど特別すごく悪くもないっていうものまで全部を身体が拒否しだしたらもう食べるものだって困る

だからほどほどでいたいなあって思うのはダメなのかな

美味しいものにしても、舌がこえてしまったらもう戻れないのはちょっと怖い気がする

いいものを知っていくのは悪いことではないはずなのにちょっとためらう

知りたいような知りたくないような

そんなことが山ほどあるって思う

 

あと今日疑問に思ったのが

友達から、彼氏の愚痴LINEが来て、そっかーくらいしか言えなくて

ずっと言ってるから別れるなら別れればいいのにと思ってしまって、自分がめっちゃ冷めている気がしてびっくりした

好きなら許すだけもしくは言ってなおしてもらうのどっちかだと思うのだけど

そもそも彼氏がどうのっていう人はただ言いたいだけで、こっちの意見は関係ないんだった時づく

 

なんか難しいけれど最近人に対してさっぱりしている、すごく

いいことでもない気がする

でも役割がある関係って、やっぱり役割をなくすと続かないっていうのはすごく感じていて

人付き合いはやっぱり上手くないんだろうな

 

さらに。河野裕のサクラダリセット1を読んだ

「猫と幽霊と日曜日の革命」というやつ

「ベイビー、グッドモーニング」が伝えたいことがある気がして雰囲気が好きだったから読んでみたけれど

これはうーんという感じだった

悪くもないけど普通

2〜もこんな感じなんだろうか

 

 

私が欲しい感情をくれるものはなかなかない

でも、とにかく今後、人の感情に関わることを仕事にしていきたいから、自分から見つけていくしかない

まずは自分にどういう時にそういう感情があらわれるのかをとにかく知りたい

じゃないとそれを他人に渡していくことは絶対にできないから

 

インスタント食品の罠

  • 2018.05.03 Thursday
  • 22:55

今日やっと気になっていた脚やせの整体に行けた

最初の段階で、これでゴリゴリやりますと言われ棒を出され不安になって、やっぱりめっちゃ痛くて本当に叫ぶくらいだった

痛いのはみんなそうなんですけど、こんなに痛い人はなかなかいないですよ、外食が多いですか?と聞かれて、カップラーメンが好きなんですよと言ったら、あーそれですねってなった

前にめっちゃ痛がった人は、マックが大好きで毎日のように食べていると言っていましたよ

だって

 

カップラーメンが体に良くないというのはなんとなくわかるのだけど、あれだけ大々的に売られていて、みんなが食べていて、本当に悪いのだろうか・・・

とずっと思っていたのだけれど、その説明をしてもらって、よくはないってことはわかった。

でも無理に食べないようにしなくてもいいんです、そのうち身体が正しくなってきたらそういうものが美味しく感じられなくなりますよと言われて、なるほどなーとなった

 

すごいびっくりしたのが、足をずっとグリグリやっていたのだけれど立ってみたら巻き肩?が良くなっていて、姿勢が正しくなっていた!

これは本当にびっくりして、下半身が正しくなれば上半身も変わるんですよと言われてすごい発見だった

ただ、痛みはエステのセルライト潰す奴と同じくらい痛い

リンパマッサージに行って、むくみが増大することがあったけれどセルライトのローラーではならなかった気がするからなんともならなければいいけどアザはできている

 

 

教えてもらったストレッチをやりつつ一週間経ったらかなり変わると思うよと言われ、そうしたらまた連絡してきてねって感じで全く勧誘もなく帰れた

前に行った、初日にすぐに回数組ませてしつこくして帰らせないところは本当になんだったんだろうと

とりあえず様子見

 

 

素朴な疑問

  • 2018.05.03 Thursday
  • 01:33

今日、やっとCDを借りようという気持ちになってTSUTAYAに行くことにした

きっかけは、the HIATUSの音源がちゃんと聴いてみたくなったから

CD借りる時は5枚以上にしないとだいたい損だから借りたいものが5枚たまるまで待っていたけど一向にたまらないので行ってみれば何かあるかなと言う気持ちになれた

それくらい聴きたかった

(近くにレンタルやさんがないから郵送返却にどうしてもなるからそれが嫌)

最近はgoogle musicでわりと色々聴けるから、そこにないと本当に不便で、でも買うほどでもなく借りにいくのもなあってなったらもう聴かないで終わっていたことが多かった

ものすごい上から目線だけど、ここに載ってれば聴いてもらえるのに載ってないがゆえにチャンスを逃している人たちがいるなあとか勝手に思っていた

もちろんちょっと気になっても聴くことがなければ忘れてしまうので、まあいいかとなって終わるだけ

CDを買うという選択肢はほぼ消えていることを実感した

何故なら、まずCDプレイヤーがない。

パソコンに取り込むなら別にデータでいいから借りればいいとなる

モノを増やすのももう嫌だ

ネットで音源買うのは私はまだしたことはない

1曲とかならいいと思うけど、アルバムとなったら通して全部の曲が好きかもわからないので買うのは冒険だなって感じる

で、話が戻るとTSUTAYAにせっかく行ったのにDVDのレンタルしかしてなかった

だから借りれなくて終わった

果たして今後聴く機会にめぐまれるのか

 

そもそも、なんでストリーミングサービスやってないの?と思って、CDレンタルしてもらった方がお金が入るわけ?って考えた

多分ストリーミングでも、1再生いくら入るとか聞いたことがあったような気がするから、やらないのはなんでだろうなと

CD手にしてでも聴きたければ聴けばくらいの強い意志なんだろうか

でももうそんな強気じゃ、きく人がさらに減る一方な気がする

 

今CDを買っている人たちは、どの層なんだろうなあ

もう誰からも、今日CD買ってきたとかきかなくなったな

 

 

さらに、映画「リズと青い鳥」をみてきたのだけれど

今の私が見たいものではなかった

時期ってあるなと思う

ちょっと違う時期に見ていたら、すごくよかったと言えたかもってなんとなく思った

 

学んだ

  • 2018.05.02 Wednesday
  • 22:50

新しいことを初めて新しい自分になりたければ捨てなければいけないものも絶対にある。

 

そのことに気づけた。

 

今までの感謝の気持ちは絶対にあるのだけれど。

もうこの先は道が通じない人は通じない。

それだけだ。

感謝の気持ちにだけ縛られていてはいけない。

それは、私が前を向いて全力で走ることで表現できたらいい。

 

逃げ道を作っていただけだと気が付いた。

もういいじゃない。

終わりで。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM