心臓の音を邪魔しないでくれ

  • 2019.11.24 Sunday
  • 21:14

普段やりとりのない人から

ライブするから来てねと連絡が来るのが苦手だ

まずお金がないしライブハウスだと疲れるから最近はほぼ行かないんだけど

なんかねえ

断るのもすっごい気を使うし

断ったらもういいわって態度取られるのも嫌だし

今回関係上無視したら悪いかなという人だったので頑張って断りを送ったのにそれをシカトされて、そんなんだから人こないのでは・・・とつい思ってしまった

まあ私が捨て駒的な位置にいたんだろうが

自分も同じ立場だったら誰かに同じことするのかなと考えると、ライブやるっていうことがこわく感じてくる

いや、でも自分は返信くらいはちゃんとするからこの人よりはマシかな

とかさ

音楽やってる人って人に対しての何かが欠けている人って意外と多い気がする

というか、ビジネスマナーになるのか?

お金とっているわけだから

この先顧客になるかもしれない人をそんな風に扱ったらダメだよね

ああ、そう考えると面白いかもしれないな

もう全然音楽とは関係ないところが重要になってるのがなんとも切ない

 

 

引越し前に全部図書館に本を返すつもりが、やっぱりまた借りてきてしまった

まだ、返しに行けるはずだ・・・

ほぼ申し込みを決めていたシェアハウスの色々な部分が全部「嫌」に振り切ってしまって結局申し込みできず

自分がとんでもなく鈍感な人だったらよかったのかもと今に思う

あまりにいろんなことに敏感なのは本当に辛いだけだ

 

 

 

 

 

実感が皆無

  • 2019.11.22 Friday
  • 23:05

あとこの家で寝るのも5回しかないらしい

なのに全くなんの準備もせず、なんの実感もなくただ過ごしている

でも、チラシが入っていたのをなんとなくみていて、街のクリスマスマーケット的なやつで、日にちを見たら来週末だったから

そうか、もうこのとき私はこの街にいないのかってはじめて実感してちょっと寂しくなった

ここにいても、行かないんだけどもさ

自分が存在しなくなると言うことを形として実感したと言うか

どうせこの街に知り合いいないし、ここに来たことでできた知り合いも0だし

私がここに住んでたってことはすぐになかったことになりそうだ

なんだったんだろうなあといまだに考えながらも

 

ちょうど2年以上前から書いていたノートが一冊完了した

365ページだっけか、そんなやつで、今のタイミングで終わることにまた意味を見つけようとしたりして

 

昨日はバンプのAuroraの歌詞がスーッと頭に入って来て、感動っていうんだろうか、生きてるってこういうことだっけとなった

もしかしたら私は言葉をシャットダウンしていたのかもしれない

あとバンドというか音楽というか

色々自分の力ではどうにもならないことがありすぎて、人間も何もかも自分に必要ないんだって思い込もうと必死だったような気がする

 

 

 

追い詰められないと全く動かない人

  • 2019.11.21 Thursday
  • 00:21

レポートの締め切りが明日の午後で、教科書を手に入れてないものがまだあったり

明日届くはずだった中古の教科書が注文キャンセルされて買えてなかったり

もうやることがギリギリすぎる

すぐにできるだろうと甘く見ていたプログラミングも、数ヶ月ですっかり忘れていて感覚を取り戻すのに数時間かかり

未だに完成していないという

言い訳に過ぎないけど

隣が静かな日にやろうって考えていると静かな日ってないから結局やらないでいて

でも心が安静じゃないと集中ってできない

静かじゃなくてもできるけど

知らない人の好きでもない音を自分に取り込むことはさすがに自分の意識が許さない、ということで

頑固なのもあるんだな

 

久しぶりに鬼集中したら、髪の毛ごっそり抜けたんだけど関係あるのかな

 

今日はもう頭から湯気出ても仕方ないから頭をフル活用する

頭がよければなんでも一瞬でできるのに

そんなに良くないって悲しいよ

なあ

 

虹のふしぎ

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 23:51

急に色々見えて来た

なんだろこの感覚は

 

バンプのカルマを聞いて、今さら共感した

意味のないことってないのかもなあとか思ったり

 

引越しが来週に決まって、でも何も焦ってない

結構心が強い気持ちでいられている

辛いほど考えないとやっぱり出てこないよねそういうのって

 

11月が強い気持ちのまま終われたらいいと思っているだけ

全てはタイミング

  • 2019.11.17 Sunday
  • 23:00

ものすごく必死になっても手に入らないものをなんの苦労もなく手に入れている人もいる

それが現実というもので

別に否定も肯定もしない

 

でも、私にできることを必死で考えたらやっぱりずっとギリギリのところで生きてきたわけで

それをいかせるようなことなんだと思った

生と死の間

そういうものを

突き詰めていくことなのか

 

自分の特技って、自分と同じ何かを持つ人をすぐに嗅ぎ分けられることだと思うんだ

演奏だったり、言葉だったり、写真だったり、その人の表現を見れば分かり合えそうかがわかる

なんなんだろうそういうの

 

 

急に昔のこと思い出してきてるのだけど

そういう時にタイミングぴったりな本を選んでしまったり

なんか、あるよねそういうのって本当に不思議

 

 

 

 

 

今日、ネットで更新された物件が良いかもと不動産の人に聞いてみたらもう契約されてますねって言われて

なんだろー

この人、やる気ないのかもなって思えてきた

だって私よりも先に情報手に入るのあなたでしょ!って感じで

もう自分にはできることしてるしなーどうにもならないなと思った

もっといいお客さんを優先しているのかもしれないし、そればかりはどうにもならないこと

不動産のシステムを疑ってきて、ここで新しい仕組みを作ったほうがいいんじゃないの?って

起業家とかはこういうのをチャンスに捉えるんだろうと考えてみるけど

要は不動産のネットをなぜ不動産だけが見れるのかということで

そこで情報操作が行われているような気もするし

もしかしたらもう不動産業界の中でも力加減があって、弱小不動産だと情報がくるのが少し遅いとか、なんか色々ありそうだけど

どうせ内見もできないくらい人気な物件だったら直で申し込みできたらそのほうが早いしよくない?と思っている

審査は保証会社がやっているんだろうし、管理は管理会社だろうし、不動産って今の私にとって間にいるだけのよくわからない人という感じ

むしろ人気のない物件を勧めるための人たちか?

行った不動産が悪徳ではないが弱小すぎただけ?

 

という感じでピンチをチャンスに捕らえようとは、一応しているよ

 

 

 

 

 

渦の中にずっといる

  • 2019.11.17 Sunday
  • 01:19

演劇のワークショップにまた参加する

今度は違うところ

やることも全然違って、すっごい笑ったんだけど達成感みたいなのを全然感じなかった

なんでかなと考えると、前に参加した時の方が「できない」みたいになる場面が多くて、それくらいに結構神経使うことが多かった

できたらやっぱりちょっと世界が変わって行くような何かがあった

でも今回はふんわりしていればできてふんわりと終わった

先生も、前回の人はストイックな感じで考えが鈍るようなものは食べないって言うくらいでだからこそ洞察力とかすごかったけれど今日の人は普通の人という感じ

芸人もやっていると言っていたし、演劇経験も豊富と言っていたから経験はあるんだろうけど、経験さえあればみんな同じレベルにいそうな

人としての鋭さとか深さが感じられなかったなあと

勝手に考えながら帰る

振り返りみたいな話し合いも何もなかったのもつまらなかった

みんながどういう風に感じたか、とかそういうことを共有し合うのが結構大事だって最近すごく思っている

 

 

大きな本屋さんに行きたかったので寄ってみたらかなり人がいてびっくりしてしまった

意外と本屋さんで本を買う人はまだ多いんだな

今の興味は心理一択みたいで、心理学の手法的なものに惹かれた

何かのワークを自分でやってみたいと思っている

買うのアマゾンでいいじゃんーって本屋の中で話してる人もいたけど

私も欲しいなと思ったの買っても良かったけれどレジこんな並ぶならネットで後から買うか、となった

ポイントもつくわけだしネットにしても損がないんだよね

その本屋さんが潰れてほしくなかったらそこで買うべきかなとは思う

新しい本との出会いは本屋さんじゃないとなかなか今はできない気はしている

 

 

この前の目的探しのワークショップの衝撃をいまだに少し引きずっていて、ここにいる後ちょっとはそこに全力を注いでもいいかなという気持ちになってきた

大学のレポートとテストだけは終わらせないとだけど

隣が静かじゃないとさすがになと、逃げ回っているのがダメだろう

それで単位取れなかったらまたお金払わなきゃいけなくて辛いのは自分だ

でも勉強するために毎回どっかいっていたらすっごいお金飛ぶじゃん、それもムカついちゃってさ

諦めるしかないのよー

と自分に言い聞かせる

 

 

自分の書いたものを深く掘り下げてくれた人がいたので考えてみよう

辛いなら辛いって言っていいんだと思った

多分、辛いとか言ったらダメって、だから辛くないって考えて、そうしたら本当に辛い気持ちがなくなった気がしたけれど

消えたわけじゃなくて感じないようにしただけだったみたい

そんな根源を消滅させられたらいいんだけど

どうなのか

透けていく未来

  • 2019.11.16 Saturday
  • 10:10

気づいたら引越し日まで2週間もなかった

まだ引越し先も決まらないから引越しも申し込んでいないけど

絶対に出て行くことだけは決まっている

 

もう無理かも、探せないかもってつい思っちゃうけど

絶対探す!

って思ってたらいい物件がふわって出てきたりするかもしれない

そうしたら引き寄せの法則を信じるかな

 

 

 

自分の本当の根っこの部分を考えると

ただただ存在に自信がない、価値を感じない

に行き着く

だからこそ死ぬ気で努力しないと価値のある人にはなれないと思っているのではないか

そんな気がしてきた

この前、飲み会が嫌いってうざいくらい言葉として出てきて

なんでだろって思ったら

やっぱり価値のない私が飲み会なんかしたら怒られる

っていう発想からきてそう

だから「認められるような何かしないと」飲み会もやりたくないのかもしれない

 

誰に?

そこなんだろうな

 

自分の持つものは確実に愛着障害というものだと気づいたのだけど

治し方があるなら知りたいと調べているところ

とりあえずこの家を出て行くのに残念なのは、もうあの大きい図書館にいけないってことくらいかな

あとは、隣のせいで引っ越すのだから隣にお金をくれと言いたいけど

逃げることが何よりのプラスなんだろう

 

正しく生きようとすれば結局損をすることが

なんかムカつくけどさ

 

泣きすぎる

  • 2019.11.15 Friday
  • 00:58

スクールいって呼吸が大事なんだとだいぶわかってくる


そのあとワークショップの四回目

まさかの展開に涙がとまらなくなって、みんな涼しいかおに見えたのでどうしよー辛い、なにか間違えた、となって一回考えるのを放置した

空気壊してるきがして怖かった


でも、最後にみんなの話とか聞いてたら、泣くのは悪いことじゃなくて意味があるとか

みんなも内面で色々葛藤していて、泣きたくても泣けないことが悩み、みたいな人もいたし本当に色々ちゃんと考えられてすごい行ってよかったと心から思えた

みんなの壁を少しでも壊せてたらいいなあとか思ったり


前に書いた文章を、読んでもらうか迷っていて、でも自分のことを知ってもらいたいならとりあえず出すべき、みんなのことだけ知りたいとかはダメだろう、読んでもらえない、わかってもらえないとか思ってたらだめだって思ってそれを出したのを意外と読んでもらて

割りと受け止めてもらえていて、それがすごく嬉しかった

みんなと勝手に壁を感じてたけどそうじゃないのかもなあと思えた

不思議に、その場は優しくて暖かく思えた

そんな経験したことあったっけ

ほぼ生き方もかすらない知らない人たちとさ


二週間後で最後で、引っ越し重なっても絶対行きたいと思っている

部屋が決まらなすぎてて諦めつつあった

でも

実家に戻るのはやっぱり悪いのかもしれない

お母さんたち出ていくといいつつ、もし出ていかなかったら

また死ぬしかないみたいな気持ちになるのではないか


今日、一瞬全て投げ出したくなるくらい辛くなったのにまた普通に戻ってこれたのは、やっぱり母親との接点がいまないからかもしれない

あの人の負の力はすごすぎる

一回実家に帰っておかしくなって、死ぬしかないと言う気持ちが抜けるのに3ヶ月くらいはかかっていると気づく

今、そんな風にはあまりならなくなっている


でも、この問題を放置するわけにもやっぱりいかないとわかってしまった

どう片付けたらいいのか

逃げ回っても、モヤモヤはずっと残る



よーくかんがえよう



でも久しぶりに人に心から疑わず感謝している自分にびっくりだ




ブレーキ力がすごい

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 18:12

気になっていた物件を見に行く

不動産の人信用してたのになぜかつまらない駆け引きというか行動を出された感じで少し不信感

見に行く物件より遠くて、高くて、絶対契約しないだろう物件をわざわざ内見させて、何がしたかったんだろ?というかんじ

オートロックないとこなんて今まで一個も出さなかったくせに、物件行ったらオートロックないのか!と驚くとか無能だったの?とむしろマイナス印象

それくらいすぐにわかるだろうに、、、


見たところは、いいなーと思ったんだけど、もう迷わず申し込む!ってなれなくて

細かいところが気になっちゃって

そういうときはやめるべきなのか?

とものすごく頭が回転しきって疲弊している


結局何がしたいんだっけ?

と行き着くのがそこ

目的によって全然変わってくるのに目的がコロコロ変わるからか、虚無だからか心が動かないのかもしれない

何のために生きるのか

ということか


今住んでるところが平和だったらとりあえずこんな余計な悩みもなかったのに、悔しいなあとか

隣の人はもしかしたら、薬物とかやってるかもしれない

と匂いで思った今日この頃



空気になりたい

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 11:45

最近は気づいたら

 

生きていきたいのかもわからないくせに生きていくためのお金計算ばっかりしている

 

お金さえ作れば

 

という気持ちはきっと

 

何かを欲しい、よりは

 

誰かに認められたい

 

そういう動機から生まれていると思う

 

 

歪んだ構造を認識しながらも

 

その中にいるしかなくて

 

空気になったらみんなに必要とされてすごいね

 

なんて思った

 

呼吸しなきゃ生きていけないからね

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM