日記0618

  • 2020.06.18 Thursday
  • 22:22

やっぱりどうも引っ越してから集中というものができなくなっているみたいだ

理由を考えると、やらなきゃっていうものを中途半端にほっぽり出しすぎているから何もできないのかもしれない

なので、まずは部屋の整理整頓から手をつけることにする

収納ボックスとかもろくにないので、しっくりくるものが見つかるまで探しまくることにした

一個片付いたら、次の一個。というふうにしていけばいいので一個ずつ確実にやっていいきたい

そんで部屋が落ち着けば少しは何か変わるはずだ

 

落ち着かなすぎて、身体も痛すぎて座ってもいられないし寝てもいられないっていうのはなかなかきつい

 

昨日、久しぶりに友達と結構深く話して

私は2年以上前に自由になってやりたいことをやるだけだとなったはずなのに

全然自由でもなく

むしろ何かに縛られたまま、どんどん不自由になっていると気づいた

多分、やりたいことというものをどこかに追いやってなんとか生きられないかと探している感じだ

だから本心に蓋をする作業に必死なんだね

他に魅力的なことを探そうと必死で必死でいても

どうしても「何かが違う」となってしまってフリーズしてしまう、その先に行けない

 

誰にも何も邪魔されない人生は初めてかもしれない、とすごいと思っていたけれど

自分が一番自分の邪魔をしているというのはどういうことなんだろうか

 

なんなんだ

誰か教えてくれるなら教えてもらいたいよ

どこに行けばいいんだ

 

 

柔らかい石に触りたいな

  • 2020.06.16 Tuesday
  • 23:39

昨日。

眠れないし、体がすぐ痛くなるから一箇所にじっとしていられないし、集中力も切れてしまい

「あれ?何をしたらいいんだ?」

という状態になってしまった

常にこれではダメだ、こんなことをしている暇はない、という「今ここにいる自分に対する違和感」に支配され始めたので

昨日はストレッチとかヨガを久しぶりに2時間くらいやってみた

結果的にすごいよかった

夜もふわっと寝れて一回も起きなかったし、日々続けないからダメなんだとわかった

 

 

気づけば

靴下を何にしまったらいいかもずっと迷っていて、買ってきたケースに入りきらないからずっと散らかしっぱなし

ダンボールも、いろんなものをごちゃごちゃ入れる場所になってしまっていて部屋がなかなかにひどい

収納の本とかサイトを結構みてるんだけどしっくりこなくて

早くすっきりさせたい

 

 

今日はとにかく外で作業!と気合いを入れる

コロナこわがってても始まらないしと、自粛後初の一人カフェ

席の間隔はあけられてて、入り口も開けっ放しだった

でも、テーブルにゴミがあって、店員さんにテーブル拭きたいから紙くださいって言ったら慌てて拭いてくれて、他もテーブルもその時に拭いてた

つまり、オーダーして自分で運ぶお店は結構もう緩んでいるということか?

面倒なら消毒スプレーとペーパー置いておいてくれたら、各自でやりそうだけどね

結構作業しにきている人が多いみたいで、私もやるべきことが捗ったからよかった

そしてすごくやる気が出た

家の四方八方にカフェがあるんだからしばらくそうやって環境をいろいろ変えて気持ちを変えていくのはいいかもしれない

都心に出てきたからには行動しなくては

 

なんだか知り合い増やしたい気持ちが強い

へえー!そんな生き方もあるんだ!ってまだまだびっくりしたい

バイトとか仕事の応募も、減るもんじゃないしやっぱりいいなと思うのあったらこの先も送ろうと思った

だって、いいなと思って応募資格が当てはまるものって滅多にないんだし

ネットで落ちたくらいじゃもうさすがにへこまないと思う、失敗は行動しないと得られないっていうし

多分、最終目標はやっぱり自分の力でやって行くことなんだろうけど

それまでにもいろんな人と接点あった方が学べるし楽しそう

 

あとは

自炊諦めかけてたんだけど、やっぱり整った食生活は自炊なしには難しいから、今の家でできる範囲のものを探してやっていこうと思った

最近スーパーの魚売り場で魚を眺めるのが好きなんだけど(頭ついてるのの目をついみちゃう)

珍しい貝を発見したので買ってみた

(「ながらみ」という小さいぐるぐるしてる貝)

味は、普通だった

あとは、とりあえず不安定なところでやって落とすよりはマシかなと地面で包丁使ってたんだけど、果たしてそれでいいのかわからない・・・

 

 

 

さらに

歩いて、昔住んでいた場所を探してみたけれど見つけられなかった

記憶の中のそれらしき場所の周辺は新しい建物が1個しかなかったからここにあったのかな?と思ったくらい

多分、住んでいた建物はなかった

なんでこんなに何も記憶にないんだろうか

3ヶ月も住んでなかったような気はしていたけれど、もしかしたらもっと短かったかもしれない

いい思い出じゃないにしても、この感じはお酒飲みすぎて記憶が飛んだ不安感と少しだけ似ているような

一生懸命生きてたはずなのにね

まるでブレーキが壊れた自転車を、止められずに坂道を転がり下りるしかなかったみたいな日々だった

どこか壁にぶつかって粉々になるまで走り続けるしかなかったのかもしれない

全然考えてなかったけど

また同じ土地に戻ってくるって、何か意味があるのかもしれない

 

鳥の鳴き声がよく聞こえる場所だなって改めて思った

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ目の前にある時間が全てだった

  • 2020.06.14 Sunday
  • 21:46

水着素材の夏用マスクは結局汗かくことに変わりなく、むしろちょっと密着してくるので使えず

ちょっとスーパーまでとかならいいと思う

でも電車乗ってとか長時間って考えて、ご飯食べたりで一回外してまたつけるって思うと無理だなという感じ

というか、一回外してまたつけるのがしんどくなって来ている

もうね、ちょっと毛羽立ってると痒くて痒くて

でもマスク今高いよねえ、ほんと

実家に荷物を取りに行って、色々物を見てたんだけど、誰かが昔ダイソーで買った小さめマスクが出て来て、30枚入りでびっくりしてしまった

もう開封されてて、虫らしきものがついてたから捨てなと言ったけど、親は気にしないと言って多分使うのだろう・・・

今まだマスクって30枚2000円とかだと思う

こんな未来が来るなら安い時にマスク大量買いしておけばよかった

最初の頃にマスク買い占めるな、すぐ出回るからない人に譲れ的な動きがあって、その通りにしたのが間違いだったのかも

確かに出回っては来たけど、謎なメーカーばかりだし

もともとマスクはする方なんだけど、愛用してたようなマスクはどこにも売ってない

マスクつける意味だって、ウイルス除去というより、礼儀のためなんだからなあ

これ以上ひどくなったら皮膚科に行かなきゃだからひどくなりませんようにと祈る

 

 

 

コロナ増えてるのが地味にやばそうで

第二波に備えて色々今準備をしたほうが良さそう

田舎に帰りたい人は今のうちに帰るとか?

ジムもまだ気分的に行けないし、どうやって発散していくものなんだろうか・・・

再開したんだから気にしないで通うっていうのがメンタル強い人の答えなんだろうか

 

 

 

 

実家でアコギ弾こうって思ってたのに

そのまま帰って来てしまったことに帰り道に気づいた

でも、爆音が恋しいからアコギでは気休めにしかならないことは知ってる

 

 

 

sora tob sakanaのyoutubeのライブを見まくっていたんだけど(バンドセットのやつ)

コメントに、浄化されるって書いてた人がいた気がして、それだ!って思った

なんか、浄化パワーあると思うんだよねそれぞれの声が合わさった感じに

周波数なのかなんなのかわからんが

多分、「うまい歌」を求める人はぶつぶついうと思うんだけど、その感性は結構損している気がする

その時にしか出ない人生の波長を全力で出しているような、気がするんだよなあ

そしてそういうものを純粋に受け取れる人ってきっと少し幸せな気がする

だから終わりは必然で

人生そのものなんだよね

人は死ぬために生まれるんだから

 

 

 

この映像の、3分半くらいから先の、「行くよー!」からが特にライブ感出ててちょっとだけ泣きそうな気持ちになる

最後の最後で、真ん中の子が視線を左右に動かしてるんだけど全部のお客さんを確かめて、自分が生きている、みんなが生きているということを感じているのが表情から伝わって来る

 

 

最近甘いジュースが飲みたいって思うことが増えて

しかも炭酸のシュワシュワしたやつ

特にお風呂はいった後で

なければ飲めないので、買わないようにしてるんだけど

やっぱり今日も飲みたい気持ちが強くて

明日は買ってしまうかもしれないな

 

晴れたらいいな明日は

 

 

マスク恐怖症

  • 2020.06.13 Saturday
  • 23:20

昨日夜中眠れなくて、この家に対する恐怖を羅列していた

床がダメなのか

下の気配がすごいから気にすると怖くなるっていう

だから気にしないようにしたいんだけど、それを意識している間はダメね

私は常に怒られると思ってしまっている

それだけ下からの気配がするなら、私の気配も筒抜けなんじゃないかっていう恐怖心

なんか話してるの聞こえたりすると(さすがに内容は聞こえないけど)私の悪口じゃないかと思ってしまったり

これは脳で何かが発動しているだけだろう・・・多分

てか、RC造でも安心安全でもないんだね

誰かがトイレ流すと建物がゴーってなるんだけどそんなの初めてだし

コロナで、急いで建てなきゃで手抜きされた部分があるとみている

 

だけど

長くいるつもりないんだし、悩んでも仕方ない

もし短期間しかいないならなおさら、今できることに全力を注ぐべきだろう

次行くところが頑張っていれば見つかるかもしれない

ここでただ怖いよーと固まってしまったらもう世界は開いていかない

実際に怒られたわけでもないわけだし

気にしてテレビも付けられないわけだけど

気にしすぎだろうか

でも、爆音でもなく下の階の人になんのテレビ見てるかまでわかるくらい音が伝わってたらそれはちょっと怖いんだよなあ

試しにいけないので、心を強くするしかない

 

 

やっぱり一人で住むのは向いてないのかもしれないなあ

一人で住むにしても、同じ建物の中の人とは知り合いでいたい

じゃないとやっぱり妄想が酷くなって、こわいっていうもので埋め尽くされちゃう

もし下の人知ってたら、うるさい?って聞けるだろうし

それで全ては終わるんだよなあ

 

 

昔、絶対一人では住めないからと一緒に住んでくれる人を常に探していて、だいたい見つかる人たちはぶっ飛んでいて

何も気にしない

むしろ誰かに迷惑かけまくりという自己中な人たちで

自分も振り回されすぎて疲れたわけだけど

ある意味そういう、自分と正反対な感じの人がいてくれたことで周りの人間は遮断できたのだと思う

誰かの迷惑とか気にすることなくいろんなことしているのが、それがちょっと羨ましかった

うーん

うーん

でももうあんなの無理

 

 

昔この街に住んでたこともあったんだとふと思い出した

街で何かしたとかもないし、なんの思い入れもない街だったけど

ちょっとだけ住んでんだ

その時一緒に住んでた人には本当に申し訳ないことをしたんだよね

あのときは完全に狂ってたと思う

バンドも中途半端にして、それでも自分を止められなくて

自分が狂っているうちに、いつのまにか世界からいなくなったメンバーがいて、ショックを受けながらも

それでも完全には目が覚めなかった

かなり苦い思い出だ

犠牲にしたものが大きすぎるね

まだあの家あるのかな、だいぶ古かったけど

左のすねにある傷は、この街でつけたものだ

一生取れることはないだろう

 

 

マスクが痒くてできなくなってきて

多分、あせも的な感じかもしれなくて

本当に困った

今日、ネットで買った夏用の水着素材のマスクが届いてたのに期待してる

あとは無印の洗えるマスクも、あったから買ったけど夏用ではないから汗かきすぎて無理なのかな

無印の夏用のマスク欲しいんだけどちょっと模様がダサい気はしてるよ

それでも一応欲しいけどさ

合うマスクにたどりつくまでにいくらマスクにつぎ込むんだろうか

 

 

やっぱり自分の心がほとんど動いていないみたいなんだけど

なんなんだろう

本当に、だいぶ困っているよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

儚さの中で生きる

  • 2020.06.11 Thursday
  • 11:44

sora tob sakanaが解散することを知った

久しぶりに、ライブ映像みてて、儚い感じはあるよなと思っていたから、そっか・・・という気持ち

寂しいけど、それが生きるということなんだろう

高校時代が3年で終わるというような、どうにもできないこと

その時を全力で生きるしか、私たちにはできないんだな

ああ、解散ライブ行きたいな、きっとバンドセットなんだろうし

泣いちゃうなあ

 

 

 

 

私は

空を見ることがやっぱり好きみたいだ

空って、本当に、いいよね

どこまでも繋がっているんだろうね

 

 

 

日記0610

  • 2020.06.10 Wednesday
  • 07:56

昨日、もう行くことはないと思っていた去年住んでた街の近くに行った

やっぱり人口が多いのか、人が結構いて、その代わりマスクもたくさんあって

洗えるマスクも2種類ゲットできた

 

変だなと思うのが

同じ建物の中にいろんなお店が入ってて、一個のお店では人がぎゅうぎゅうにいて、レジもものすごい並んでて、狭いからソーシャルディスタンスなんて全くなくて

で、隣のお店は入場制限までして蜜を避けようとしてたんだけど

一個のお店でだけやっても虚しくなりそうって思ってしまった

 

耳鳴りが気になると止まないので、気にしないようにしたいんだけど

一人で家にいるとなかなか難しい

オルゴール療法というものが最近気になっていたので、どうにかならないかなと

だけどスイスオルゴールって、何百万の世界らしくてとても買えないよ

CDは聞いたけど、CDに収めきれない音が気になる・・・

その場にいないと聞けないんだろうか、耳が効くというより、身体がその周波数を聞くらしい

「空間」っていうものは、相当力があるね

空間に可能性を感じているから、オンラインが今のところ自分の中でつまらないんだな

 

 

おしゃれな洗える夏用のマスクが欲しい

  • 2020.06.09 Tuesday
  • 09:46

結構疲れ果てていて、きついなでも行かなきゃなとなんとか準備していて、予約をよく見たら2週間後だった

この前、2週間後ねって言われたきがしたんだけど気のせいだったのか・・・

記憶がまたぶっ飛びはじめたのか

そんな自分にさらに疲れ

 

こっちにきて、いろんな人に会って話して

楽しいんだけど

さすがに一気に刺激を受けすぎたね

だけど頑張って生きている人たちから刺激を受けないと、それさえも拒絶してしまったらダメだと思うから閉じこもらないように頑張る

 

最近机に長時間向かえないので良い椅子を探していて

机じゃなくても床でも座ってられないから筋肉とか姿勢の問題っぽい気もして

バランスチェアが気になっている

ホームセンターで変な形だなと一回座ってみたら思ってた以上に楽だったけど、長時間もいけるのだろうか・・・

あまり高いのは無理だから、安いモデルにしたら結局身体痛いのかな

 

スクール、迷っている

やっぱり占い師の方がいいんじゃないかと言われたりして

カウンセラーだったりコーチングだったり占い師だったり、名乗ったらその日からできるっぽいんだけど

それだってもはやブランディングの問題だよね

何やるにしても今は全部それか・・・

どうしたらいいんだろな

 

 

あと、よく意識高い系みたいな人たちが、twitterのフォロワー増やすのにいいねを何個押すっていうことをノルマにしていたりするけど

いいと思うものを探して押すのか、適当に同じジャンルに押すだけなのか

そんなことに意味があるのか?と思っていた

でもさ

youtubeなら意味あるかねと思った

それは、収益化されて広告貼ってあるyoutubeにお互い行きあって、広告クリックし合えばいいってことなんだけど

でも証拠もないし、自分が広告押したってわからないからダメか

広告クリックするだけなら、誰にでもできるから自分もやるのでお願いしますって周りにそういう人増やしまくったら結構そういう経済圏できそうって思ったんだけど

あとは、収益化したい人たち同士でチャンネル登録しあえば、いいのかもね

 

・・・変なの

 

たまたま

モスキート音のことを聞いたのだけど自分にはなんのことかわからなくて

最近でも耳鳴りというか、キーンっていう音に悩まされてて、だいたい3週間前くらいからだから実家からで

テストみたいなのやってるのちょっと聞こえてきてますますキーンって感じで

モスキート音!?という疑問

でも、子供とかにしか聞こえないはずなんだけど

なんなんだろう

電磁波の影響かなと勝手に思っているけれど

アーシングマットまた使ってみたいんだけどアース線との接続部分を忘れたので使えず

 

 

 

 

 

 

 

日記0608

  • 2020.06.08 Monday
  • 20:45

自分はやっぱりまだ自粛してるべきだったのでは

という罪悪感が生まれてきた

 

この先のこと考えると

やっぱりまだどうやって生きていくのかの核心がなくてくらくらしてしまうし

やけになってコロナを無視して行動しまくってしまったら怖いし

そういう、「何か」が外れてしまうと自分でも止められなくなるんだから

実家に閉じこもっていた方がよかったのかも

誰かに迷惑をかけてからじゃ遅すぎる

 

最近の東京都の感染を調べていて

ホストがクラスター化っていう原因を探っている記事をちょっと見たのだけど

自分はコロナにかからないという自信から歩いている人は、まだマシだと思うんだよ

それでコロナにかかって、死にたくないとすっごく反省するとかならね

そうじゃなくて、「コロナにかかって、死んでしまっても構わない」という人が歌舞伎町には多いんだと思う

誰かにうつったらどうするんだ、と言っても

大切な人さえもいない人にそれを理解することは難しいし

社会が味方もしてくれなくて、ずっと一人で戦っている人が社会の味方をするかと考えたら、難しいよね

そういう、ギリギリのところにいたし、なんとなくわかるよ

 

だからやっぱり、陽性患者専用の街とか作った方がいいんじゃないの?と思えてきた

歌舞伎町はコロナ陽性の人専用の街、みたいなさ

無症状の人たちで経済まわし合うってできないんだろうか

 

うーん

コロナウイルスで一瞬にして倒れて死んじゃうっていうの、日本でないみたいだけど

もし痛みとかたいしてなく、ばたりと死ねるなら、いいなあと思っている自分がいたりする

 

生きることへの気力はどれだけあったら足りるのか

浴槽にお湯がたまるのをずっと待っているような気分

栓が抜けているから、そこを塞がないと、溜まるわけがないんだよ

どうしてこんなに頑張ってお湯を入れているのに

と疲れ果てたところで

何かが違うんだよね

 

 

疲れたのは全部コロナのせいにしていいんだろうか

 

 

 

 

 

狂っているんだろう

  • 2020.06.08 Monday
  • 01:19

キングヌーの話をしていて、なんで人気なんだろう?って

私にはわからないなあと

それでぽろっと出た自分の言葉が後から自分に刺さった

 

「彼らはバンドだけどそれぞれが独立してる感じだから好きじゃない。

バンプみたいに依存しまくった関係のバンドが好き」

 

つまり私もバンド=依存対象みたいな意識があったし

バンドのために生きていると思っていたし

バンドのそういう強い繋がりに惹かれていたんだろうなと考えると

そこが自分の歪みなんだろうなと改めて感じた

何かに依存したい、でも、恋人同士みたいなそこで完結してしまう関係には憧れなくて

そこから世界が広がっていく可能性というか

依存の先にある可能性が見たかったのかもしれない

そして今でも「安全に依存できる場所」を探している気がする

安全っていうのは誰が見ても納得っていうことで

例えば、死ぬ気でやる仕事だったらそこに依存していても平気だろうとか

うーん

狂っているかもね
いいんだけどね
こっちにきて起こる
些細なことが嬉しいとか楽しいとか、悪いことじゃないと思うんだけど
いや、むしろいいことなんだけど
その気持ちをどこに繋げたらいいか迷っている

Youtubeが嫌い

  • 2020.06.06 Saturday
  • 09:25

Youtubeの作戦にはまってしまったことに気づいた

一個、どうでもいい動画を見るとそこから関連するオススメ動画を次から次へと出されて、選択肢がそこにしかない気になってしまう

そういう系統の動画ばかり見出すけれど

もともと好きなわけでもないし、ただの動物映像や知らない人のただご飯食べている姿を毎日見たいわけでもない

テレビも繋いでないし、何か見たいなと検索することがなくてもトップページに行っっていたけれど、なんだかな・・・という気持ちになることが増えた

 

好きなものがそこにあったことも忘れていた

YoutubeのAIがおすすめとか全部やっているとあって、だから作り手もAIを意識しないといけないというのはわかるんだけど

AIも、本当に好きなものや心の奥の願望とかは見抜けないのね

と少しホッとする気もするけれど

自分が何が好きか、何で心が動くのかも忘れていたことが悲しくなった

もう、動画増えすぎてるからチャンネルブロック機能とか欲しい

本当に、自分が見たいものはたくさんあるんだろうけどたどり着くこともできない

そして私も、自分が出すことのそこに諦めを感じている

「どうせ誰も見つけてくれないだろう」

という、諦めで埋め尽くされてる

結局私は生きているというより諦めているだけだ

本当に、それでもなぜか自分という存在が続いていることは恐怖でしかない

0.1%使おうと、100%使おうと変わらず明日が来るなら、どうして100%を使わないのだろう

逃げることばかり考えることをやめたいよ

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM