青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

  • 2019.07.04 Thursday
  • 23:55

 

知り合いが映画何か見たいという感じだったので、とりあえず選ぶ。テレビシリーズも何もみてないしほとんど何もわからない状態で予告チラッと見て面白そうかも、というただそれだけの理由。

題名が、中二病っぽいけど予告は結構よかったんだよ。

でも見ている途中から、何となく、ファンじゃないのに見てすみませんという気持ちになった。淡々としすぎていて、音楽もうちょっと入れてくれてもよかったよなーって感じたりもあるけれど、あれこれ言うならちゃんと内容とか絵をわかった上で見に来いよ、と返されたらどうしようもないし、最近の映画の中では混んでいたからファンが結構いるってことだろう。男の人の割合が高くて、女の人がほとんどいないのが珍しいなーって思ったくらい。

声優の人の声は確かに、萌え系の王道って感じで人気あるんだろうなって感じ。

 

私的に「天気の子」への期待が増してしまった。画の綺麗さだったり作り込み具合ははきっと比じゃないだろうな、もっとお金かかってるだろうし音楽もRADだしなっていうことで「天気の子」公開初日に観に行きたいなと今は思っている。人とも行くだろうからきっと何回か行くはず。新海誠って、やっぱりすごいのかもしれないと最近感じる。youtubeとかでも新海誠風のアニメが増えたなと思ったり。男女が交互につぶやきあって出会うとかさ、完全に新海誠というジャンルを確立してるよなって考えるとすごい。王道をいい感じに作ってるしね。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」は、王道じゃないけれど好きな人は好きっていうものだから比べる次元が違そうだ。

 

 

本でも最近読んでいて、なんで借りたか思い出せないものがあって、読んでても自分がその本を選んだ理由が全くわからなくて、ファンだったらわかるんだろうな、ファンじゃないのに読んだりすることが間違ってるんだろうなって思った事があったのを思い出した。

もう、この先は下調べの上観てください、読んでくださいが当たり前なのか?そう考えるとライブだって、わかってる人しか見ないっていうのはそうだしなあ。ふらっと寄りましたなんて、ほぼいないよね。現代人は、やる事があまりにあって忙しいから暇を潰しに外になんて出ない。ネットにさえ繋がっていれば家にいた方が有意義に過ごせるくらい。買物だって何だってできる。

外に出る理由=人と時間を共有する

そういうことかなと感じる。

映画だって映画館に行かない限りどんな人が観に来ていて、どんなところで笑ったり泣いたりしているのかわからないもんね。

私が一番興味あるのは「人間の感情」なので、そのために行動して行くつもりだ。

 

引っ越し前でちょっとナーバス。

 

 

 

 

 

 

引きこもり論

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 20:03

引きこもりの5080問題というものがあるらしい。子供が50代、親が80代ということらしい。
引きこもりを長い人なら30年以上していたりするという。昔は自分は外に行きたい気持ちだけはあるって自信があって、引きこもりとは違うって思っていたからか全く興味なかったんだけど、興味湧いてしまった。
引きこもりが何十年ってだけでももちろんおかしいんだけど、親はどうしてきたの?という所が特に。本は特に読んでないんだけど、ネットで見て、なるほどと思ったのはやっぱり引きこもりを作ってきたのは親だ、という点。子供は特に生きる気力もなく、環境に生かされているだけ。親のことももちろん信用できないし、外の世界も知らないので誰のことも信用できないという状態らしい。私の想像では、子供が引きこもりになって恥ずかしいから家にとりあえず置いておこう、お金に余裕あるから一人くらいいてもいなくても変わらないしって親はずっと見て見ぬ振りをしてきたのかな?引きこもりって、親とも話せない人のこと?それがよくわからないんだけど、親と子が心から話し合えない人たちってことかもしれない。親は甘く見ていたのかもしれない、数年で出て行くでしょ、変わるでしょと。でも家の中が変わらなければ基本的に子供だって変わるわけもなく、気づいたら何十年と経過。かもしれない。あとは一回社会に出たけれど挫折してそれっきり外に出なくなるというパターンもあるらしい。

そんで最終的には、親も子供も責任をなすりつけあうという結末になる。

私は思う。親がまず、自分の友人だとか親戚に子供が引きこもっちゃってさ、と気楽に話せたらよかったんじゃないかと。それで、周りの人もそれは大変だ、ちょっと顔見に行くかーとかそういう感じだったらよかったよねえと。オープンな社会に育ちたかったと、私は思うもん。大人を親しか知らないっていうのはちょっと子供にとっては辛すぎる。

 

で、もし和解も何もできない引きこもりの人たちがそれでも外に出て行ける可能性を考えてみた。

・引きこもりながらもネットを使って稼ぎ親よりも収入を得る

 これは自信に繋がるからいいような気もする。勉強熱心ならできる。時代的には引きこもりにもいい流れ。

・ネットゲームで本当に信頼できる人と繋がる

 引きこもりということも話した上で、最終的に現実世界でも繋がれたらいいよね。

・Vtuberになる

 顔出ししなくてもいいし、うまくいけばちやほやしてもらえるし、人とのコミュニケーションも取れるようになるかも。もちろんyoutuberでもいいんだけど、引きこもりにはハードルが高そうな。

 

 

これくらいしか思い浮かばなかった・・・

意外と難しいな。とりあえず引きこもりに必要なことって一番はお金でも仕事でもなく、生きる気力というか生きるっていいことだと思うことだと思うんだよ。人との繋がりから少しずつ、人間ていいなっていう気持ちを持つところからのスタート。

 

 

Vtuberは最近私も気になっていて、やろうかなって思ってたんだけどもうすでに一回飽和状態になって減ってきてるんだね。これこそ企業がお金かけてやっているから個人での参入は難しいとあった。私ちょうどパソコン系の大学だし、と思ったけれど美少女キャラ確かにもうお腹いっぱい感ある。キズナアイという人?が一番人気みたいだけど、最近分裂したとかで、攻殻機動隊のタチコマみたいに増えていく感じらしい。ただ、Vtuberもまだ中身は人間みたいで、声優さんがいて成り立っているみたい。一応ディズニーランドのミッキーマウスは全世界で一体しかいないってことらしいけど、いろんなところにミッキーがいて、どれも偽物じゃないよっていう世界だろうか。

私はなんか面白いキャラで歌ってみたとかやってみたい気はしている。

 

完全に引きこもりから話ずれた。

人との繋がりね。

それで考えると、自分がバンドにこだわる理由がちょっとわかる。だって、信頼できる人なのかどうかがわかりやすい。スタジオ入ればお互いにわかるわけで、「信用してください」なんて怪しい言葉いらないわけで。お互いの音で判断するっていうのが、私には合っているんだろうなあ。

よく考えたらPCSを作った時も誰も信用できない、もうダメだってなっていたのに何故かバンドだけは組んで、それでもちょっと怖かったもんな。この人たちは私を騙すためにバンドを組んだんじゃないか、練習ですってスタジオ行っても誰も来ないんじゃないかって行く前すごいドキドキしてた。二人ともそんな悪い人たちでは全然なかったから、そこからまた人を信じられたんだ。ここまで元気になれたのは、あの時があったからだなと本当に思う。本当私、あんな苦しい中よく生きてたわ。自分で自分に思ってしまう。

 

とりあえず私は明るい引きこもりでも目指していくかな。(引きこもらないと何も作業ができないでしょ)

 

発狂の手前

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 14:02

もう自分の中と周りの負の感情が手に負えなくなってきた。あとちょっと踏ん張れないのか、と思うけれどもう限界の限界だという感じ。なんとか持つだろうか。全然勉強どころじゃないし、何もかもきつい。準備もあるからできたら母親に短期入院でも、ちょっと家を出てて欲しいのだけれどそんな話が通用するならこんなにならない。出て行くからとわざとやっているのか?とさえ思う。気づいたらベランダからこっちの気配を伺っているのとかも結構耐えられない。それで部屋を出ようとドアを開けたら廊下に立ってこっち見てるとか。もう戻ってこないように愛情を込めて嫌われるように仕向けているなら立派だけれどそんなことは絶対にないんだろうな。せめて最後くらい仲良くやれればいいのに、もう存在を考えるだけで発狂しそうになる。どうしよ。もしかして完全に自分が発狂しちゃったらもう引っ越しもできないかもしれない。人間世界とさよならだ。うーんうーんうーん。あとちょい、薬を飲んで誤魔化すか、とも思うけれどなんで私が犠牲を払わなきゃいけないの、という気持ちもあって葛藤している。1日だって無駄にしたくないのに、毎日無駄にしている人にどうして引きずられなきゃいけないんだ。一人だったらあんなにストイックにできたのに。もう自分がまるでわからない。

「親を捨てる」ってはずだったのに、どんどん感情が、「親から逃げる」になってきていて、自分が主導権を握らないとダメだよと思う。逃げる手段で出て言ったら、今までと同じ。絶対に感情が追われてしまうから一生辛い。

 

不調もいろいろ出てきたから血液検査もしてもらったりしたけどどうなんだろう。またどうせどこも悪くないんだろうな。

 

 

引っ越しまで毎日出歩くのが正解なんだろうか。

 

 

 

光のお父さん

  • 2019.07.01 Monday
  • 23:12

「劇場版ファイナルファンタジー将検仝のお父さん」を見た。

なんとなくこの話の存在は知っていたけれどドラマも見たことなかったから初めての話。

ちょっと泣きそうになった。家族っていいものなんだなって思えた。普通の家族ってこうやって食卓に集まるの?大人になっても?だとしたら羨ましい。

でも、こわいなと思ったこともあった。面と向かっては話ができないけれどネットを通せば本音が話せるっていうのは、この先もっともっとそういう人間関係が増えそうで、笑えないような気がした。近くで顔をあわせる人間とは関係を作れないけれどネット上で仲間は作れるとしたら、なんでなのだろう??普通に一緒にどっか行けばいいのに、デートをゲームの中でするってどういうこと!?!?という感じで、さすがに私でもちょっと嫌だと思ってしまった。やっぱり私は生身の人間と出会いたいしコミュニケーション取りたい。ただのチャット相手だとしたら、それは人間だろうと人工知能だろうとあんまりわからないようになりそうだ。

でも仲間ってやっぱり欲しいよね、そういう人がたくさんいるならちょっと嬉しい。

親子を受け入れてくれる仲間ってどれだけいい人たちなんだよって気もする。まさかこれは実話ではないよなあ?と思っていたけど実話・・・??

 

主題歌が、誰か全然わからないけれど歌い方がGLAYのどうもTERUっぽい、でも声が違う気がするから、息子かなあと考えたけれど息子はいないはず。ものすごい影響を受けた誰か?それかTERUが歌ったものを加工してる?とかそんなことを考えながら聞いていた。そんで帰りに調べたらGLAYとあったから、普通にTERUが歌っていたみたい。なんか声変わっただけかな。もっと太い感じだったような。昔GLAYにはまっていたとき思い出して、ちょっとだけ懐かしくなった。唯一の青春。

 

ファイナルファンタジー将犬辰討修發修發匹ΔいΕ押璽爐世辰燭鵑世蹐Α?クエストどうの、とか言うしモンハンかと思ってしまった。

 

普通に面白かったから見てよかったな。

6月まとめ

  • 2019.06.30 Sunday
  • 23:59

6月最終日だから一応まとめを

 

・ジムは13回だった

多分1日に二回受けるのを辞めたことも原因だし、少しペースも落ちている。でもやっぱり行かない日が続くと気分の落ち込みが激しいような気がするのでまだ辞められないなあと思う。引っ越しをしたら、他の便利なところはないかなとちょっと思う。

 

・読んだ本は約19冊

これもちょっと失速中。ジャンル的にはまっているものがない。毒親関係もある程度マスターしてしまった感じもある。

何をもっと知るべきなのか、わからなくて迷いすぎ。

 

・DTMは数回だけ。時雨のコピーをちょっとだけやってみたのと、過去に作った曲の整理。気持ち的には楽しいというより義務っぽかった。

 

・ギターはyousicianを久しぶりにやってちょっとハマった。でも有名な音楽増えてないから課金はしない。日本だとできる曲が少なすぎる。そこは本当につまらない。でも、島村楽器が作ったというギタトレというアプリをちょっとやってみたらそっちの方がもっとつまらなかったから、アプリとしてyousicianは優秀だと思った。

 

・映画館で見たのは2つ。なかなか毎週見たいものがあるわけじゃないなあとちょっと気づく。無理矢理でも何か見に行った方がいいんだろうか。感情を殺さないために。ライブは0。ここをまず変えた方がいいかもしれない。

 

・今月中旬くらいから家にいられない気持ちも強くなりすぎて作業や勉強より外に出るようになってしまった。付き合いが増えるとそのぶんお金も出るし食べるし飲むしでだいぶ身体が乱れた。発見は色々あったけれど集中力は低下気味。

 

・TEDは後半にいくにつれてどんどん見なくなっていった。これは意思が弱すぎただけかもしれない。見てどうなるのかわからなくても、決めたことはやるべきだったと思う。せめて一ヶ月くらい。反省。

 

・自分の決めたことをお金に換えるということはまだまだ全くできていない。

 

・繋がりは、セミナー的なところに行ったことと新しい住むところを探した。

 

・モーニングページは11日書いていた。これも意思が弱かったかもしれない。

 

来月の目標

 

・引っ越しがあってもとりあえずジムは行く。12回以上行けたらいいと思う。

・引っ越したら宅録環境を作ってなんらかの配信を始める。

・映画も一応週一見れたら見つつ、ライブに一回は行く。なくても何か探して行く。

・モーニングページは継続させる。サボらない。

・筋トレを二日に一回くらいするようにする。(ジムでは筋肉つかない)

・瞑想を毎日1分でもやる。

・本は20冊は読みたい。物語も読む。

・人との新しい繋がりを増やす行為をもっと頑張る。

・お金を0から作り出す研究を続ける。

 

 

来月は何かしらの作品を作りたいなとちょっと思っている。形にする行為をした方が良さそうだ。

 

 

坂口杏里という人生

  • 2019.06.30 Sunday
  • 15:58

家で洗濯していたら親に止められてしまったので一気に調子が脱落してしまった。

ジムもキャンセル。昨日、不動産帰りに行きたくて荷物も持って行ってたけれど空いてなかったから行けなくて、今日ジムのためだけに行ったら交通費かかるし、全部ジムが悪い、と勝手にそういう気持ちになっている。全く意味がない考えだ。

 

それでおきまりのザ・ノンフィクションを見ていたら坂口杏里。この人AVで話題になった時に初めて知ったレベルの人なんだけどそのあとめっちゃ何回もニュースの見出しで見て、なんだかすごい人だなって思っていた。

テレビは最初ストリップ劇場で主役的な感じなのに、色々大丈夫か・・・?と不安な感じから始まって、そこをドタキャンした報道(一応本人はダメなものでもやろうと思ったけれど劇場が許せずに責任を押し付けられただけ?)から、ただただ重いものになって行く。なんかちょーっとだけ他人事という感じもしなくて泣きたくなった。最終的に思ったのは、この人はそれでも生きていてすごい。ということ。番組では、お母さんのお墓の前で頑張るって誓ったからもう大丈夫だってまとめていた。でも、全然そうではないとは思うけど。ものすごい揺れ動いているし、なぜかとても辛い方に向かうようにしか自分をコントロールできないみたいだった。前の自分も本当にずっとそれで苦しかったのを思い出した。もしその考えを変えられるとしたら、今を生きている人だけだと思う。だから死んだお母さんに対していくら誓っても、本人がそこでどれだけ生きるぞと強く思っても、結局周り次第なところはどうしてもある。そしてその周りを見る目を養って行くことがこの先とても重要になるんじゃないかと。そんな気がする(それはまさに今の私)いつまでも自分を傷つける環境を選び続けるのか、どこかで脱出するのか。

 

一応分析してみると

・3歳くらいまで両親に無償の愛をもらっていないからか自己の存在感が不安定(親が多忙だったから?)→ホストにハマる人はそういう人が多い。

・母親は大人になってから愛情をくれたらしいのでそれで今なんとか生きて行けている気がするが、母親が亡くなった後信頼できる大人は誰一人いなかったように見える。父親だったり兄弟の影も全くない。むしろ利用されてきたとしたらかわいそうに見えた。

・世界と繋がれるような友人の存在が見えない(番組ディレクターに死にたいと泣きつくくらい誰もいないのかなと)

・風俗の仕事を辞めたいと言いながらも辞めないのは、一応指名してくれる人がいて、その人たちが指名料だとかを払ってまで会いにきてくれるという現実がどこかで救いになっているんじゃないかと。(最近は風俗と言いながらもお話だけというのをチラッとみた)

 

こんな感じ。この人は生まれた時からマスコミに騒がれる星の元にあったとナレーションされていたのだけれど、それはそうなのかもしれない。めちゃくちゃ叩かれながらもどこか放っておけないという人がきっとたくさんいて、生かされているのかなと思う。

でも多分芸で生きて行くよりは、喋りとかの方が需要はあるかもしれないなあとなんとなく感じた。

 

またツイッターで他人の感想見てしまたのだけれど、もう救いようがないねとか、普通に健全に生きろとか言っている人結構いて、本当他人事だから勝手に言えるんだよなと、実感してそんな暗い気持ちになる前に辞めた。

人の人生てそんな簡単なもんじゃない。そういうことだ

でも私はこの人がまだ死なずに生きるのなら私も生きるべきだろうとなぜか少し思ってしまった。

 

まずは今日の残りを最大限に生きる。

 

 

どろろ

  • 2019.06.30 Sunday
  • 10:25

どろろの最終回を見ての感想を書いておく。

 

やっぱり残念な感じだった。

一番「いい」終わり方、というものを考えたらああなったのかなと思うけれど綺麗にまとめすぎじゃないの?という気もする。

百鬼丸は突然全てを超越したいい人みたいになって、今まで散々死んだ方がいい人みたいな扱いだったのになんでそうなった!?とびっくり。

一番ため息が出たのは、百鬼丸が髪の毛をおろしたところがイケメンすぎて、腐女子狙いだ・・・と引く。そのイケメンとどろろが顔をくっつけてってとこは感動ではなくて恥ずかし!ってなってしまった。

でもホッとしたのは、目を取り戻して最初に見たのがお母さんでよかったねっていうこと。もう2度と会えないとしてもさ。

 

どろろってそもそも知らなかったし今回ので原作も見てみたけれど、リメイクって難しいねと改めて思った。

まず時代が違うというのもあるし、なんのためにわざわざリメイクするのかっていうのが全然わからない。こんなに変えるなら、どろろを原作にした現代風のアニメとして名前も少し変えたらよかったのにと思う。だからかアマゾンのレビューは原作好きな人ほど辛口。細かく見ているしツッコミ所もかなりその通りだと私も思う。みんな長文をつらつら書いていて、本当に手塚治虫が好きだったんだろうなと伝わるし、このアニメに期待していたんだろうなと感じてしまう。リメイクのいい点というか、意味としては私みたいに何も知らなかった人も興味を持って原作も見に行くっていう流れができるし、今いきている人たちが忘れないようにっていうのはあるのかもしれない。

まあ、えぐすぎてもう斬り合うシーンとか全く見れなかったけど。アニメといえど血が飛び散りすぎて耐えられなかった。トラウマ一歩手前ってい意味では手塚治虫ぽかったな。

 

 

毒親離れ。直感の凄さ

  • 2019.06.29 Saturday
  • 23:53

物件の見学に行く。

事前にネットで隅から隅まで見て行ったから申し込んだ二件を見て回ってどうしますか?と言われるのかなと思っていたけれど、一応条件に合わせて探してみますねと言われ、まあやっぱりネットで見たことあるものばっかりだったのだけれど色々聞いていたら事前に申し込んでいた物件は一つは無理だとわかり、見せてもらった中からも候補を出して3個見てきた。

 

最初の物件は、まだ入居中だから中は見られないと地図だけもらって外を見に行ったのだけれど、行ったことない駅に降りた時点で、なんとなく気分がよくない。物件もすごく立派な感じなのになんだか惹かれない。むしろここはパニックが起こりそうだなという謎の気持ちにちょっとなる。何がダメって、ただ気持ちだけが乗らない。駅周辺もまわって見たけれど空気が自分に合わないというか、息がまっすぐ吸い込めないし暗い気持ちになる。ちょい都心だから空気が悪いのかな、とも思うけれどとにかく居心地が悪かった。その駅でご飯を食べたのだけれど人の話し声もすごくてガンガン響いていて、落ち込む。自分の調子がダメなのかも?と思いながらも合うところって絶対にわかる気がしたからここじゃないんだろうなーとなんとなく考えながら、きっと流れでいつのまにか決まっているだろうなという考えが出てくる。

 

二件目の駅も行ったことがない駅だったのだけれど降りた途端、私ここの街のが好きだわと思った。よくわからないけれどホッとした。物件も思ったよりよくて、住んでいる自分がちょっとイメージできた。

でも一応三件目も行った。駅は一番栄えていてよかったのだけれど、物件まで歩きながらここじゃないかも、という気持ちになった。物件も全然合わなかった。というか、デザイナーズ物件って台所周りの収納も一切ないし、冷蔵庫置き場もないと知る。(コンロは飾りか?)なので二件目に決めた。

 

でも、じゃあ契約です。といざ不動産の人に言われると、え、ちょっとまって自信がないどうしようという気持ちが芽生えてしまう。実際今は親の攻撃から逃げることだけに集中していたから家賃が払えるかどうかもわからないじゃないか。ここに仕事があるのかもわからないじゃないか。なんとか生きようって思うけど、こんな精神が弱った状態でもしこの先も何もできないのだとしたら、このまま実家でのたれ死んだ方が無駄なお金使わずまだマシなんじゃないか。そんな風な考えが巡ってきてしまう。

でもちょうど移動で読んでいた本が「他人を攻撃せずにはいられない人」という本なのだけど、攻撃をしてくる人は支配力が強すぎて、攻撃を受ける側は逃げることはできないと思い込むようになってその結果無力感、失望が強くなって戦う気持ちも状況を良くするという気持ちもなくなっていくとあった。え、まさに今の私だと思ってまずい、とにかく逃げようとプラスに考えるようにしようと方向を変える。

 

結局、父親がいいよという話で名義を借りて、見学まで付いてきてくれたという事実がある。

父親は自分のしてきたことは認めないが、何故か母親のことは謝罪してくれるので逃げることにも協力的で、母親が入院しても治りもしないでお金かかるなら私が出た方がいいと言ってくれてとりあえずは協力してくれている。しばらくはゆっくりしていいとも言ってくれた(ような気がした)。「生きろ」とは直接言わないが、「生きろ」と背中を押されているような気がする。支配から抜けて、元気が出たら私も何かできるという事は忘れてはいけない。

「あんたにはできない」

「あんたにはそんな家賃払えない」

「あんたはうまれない方がよかった」

「あんたは誰にも愛されないし不幸でいるしかない」

こういう頭の中の声を全部早く消したい。年季が入っているのでしぶといのは確か。

多分この先も、ジュース一本買うときでさえ「これを買う価値が私にはあるのか?」と自分に聞き続けるのかもしれない。お金があってもなくても。

できれば実家との縁は一切切りたかったのだけれども一応父親とは連絡は取るということが条件になった。

本当は、両親も弟もこの先の話は何にも聞きたくないし実家のことも忘れたかった。人生をリセットしたくて、できれば名前を変えてしまいたいくらいだった。でもシェアハウスも入れなかったし、色々今の私の力では難しそうだった。悪い流れにどんどん飲み込まれていて自分の意思が消えかけているのも感じていた。

実家とつながっていることで過去にいちいち怯えるのも嫌なのだけれどこの流れなのだからそれで意味があるといつか思えると考えるしかない。

 

場所は知り合いも全然いないところになった。考えているととにかく不安しかないのだけれど、これは絶対に見えない運命みたいなものの力なんじゃないかと思ってしまうところもある。今、このタイミングで動いたからこその場所。

そう考えると、少しわくわくできる。

生きれるかもしれない。可能性があるとしたらそこにある。そんな風に思える。

 

負けないぞ。

動き出すための部屋なんだ。

多分大丈夫って言っていたけれど審査通らなかったらもう、なんとも言えないけれどね。

 

 

ああ、あと不動産の人が怖かったり高圧的だったりしたらやだって思っていたのに人間ぽくていい人だった。

そして問い合わせに返信こなかった所は怪しいと色々言われていると聞いた。そっちに行ってしまっていたら不動産なんて信用できない!となっていたと考えると返信こなくてよかったと思った。だってホームページの書き方から誠意がなかったもんね。

 

非日常と日常の間に生きたい

  • 2019.06.28 Friday
  • 21:52

これは美味しいねとか、あんまりだねとか言うために人とご飯を食べるんだろうか。それってちょっと面白いかもしれない。

昨日誕生日お祝いに出かけて、気づいたらまた朝だった。

私はどこにいるべきなのか。

行動はできる限り早く、早くするべきだ。

見つけたいし見つけて欲しい。そのための行動。

 

チームラボ豊洲に初めて行ったのだけれど、なるほどこう言うことだったのかという感じ。

お台場の方が大きいみたいなのでそのうち行ってみたいな。面白かったし、こういう経験をどう生かして行くかって常に考えてしまう。なんとかやりたいことに結び付けられないか、と。

そこにいるだけで想像力が刺激されるっていうよりは受け身でみんな眺めているように見えたけれどどうなのかな?

時間をかけたらインスタ映えする写真が撮れるんだろうなとは思った。

インスタは、あんまり好きじゃないなあと思っていたけれど最近ちょっと視点が変わって、最近GENICという雑誌を手に入れたのだけれどインスタグラマー?(インスタグラマーって何?)の人の写真と話がたくさん載っていて、面白かったしインスタグラムのために命を張って写真を撮ったり、水しぶき一滴のために何十回も取り直したり、ドローンを朝一で起きて誰もいない中飛ばしたり、そういう人がたくさんいるってことが面白かった。頑張って撮ってるっていうのがわかったから。でも、こういう人は写真で収入を得て食べているのかな?とアカウント見に行くとそうでもなさそう。

なんのためにみんなそこまで情熱を注げるのか、気になる。SNSは自分の名刺みたいな感じだろうか。

私もSNSを有効に活用したいと最近はすごく思ってきたので気になる。

 

全く意外だったのは、チームラボで足が綺麗になった事。足二回もふいたからね。みんなピカピカだよ。

 

私に必要なのはデジタルなのか、脱デジタルなのか、その辺が全くぶれている気がしている。ゆるゆるとした感情ばかりでこれだ!っていう衝撃がなかなか得られない。

 

不思議な世界だった

 

 

 

 

たまたま流れで人の恋バナを聞いていて、同年代の男の人だったのだけれど本人は色々傷ついて大変だったと言っていて本当にそうなんだろうなと思いながらも、感情がすごいあって生きているなあってちょっと羨ましく思えた。私が冷めているとしたら年齢のせいではないのかなあとも思えた。恋っていうのは本当に人にあり得ない行動力をかきたてるよね、そこがすごく興味はある。感情分析を勝手に学んでいるのでね。

友達もその気持ちわかるよって言っていて、今度は信頼できる人がいいって言っていたのだけれど、たとえ信頼できて自分を傷つけないと100パーセントわかっているとしても、その人といることが全くもって「普通」だったらやっぱりそれはダメじゃない?と考えてしまう。ドキドキしない恋なんてあるんだろうか。人って普通じゃないからこそ恋に惹かれるんじゃないのかと。思っている。

ちなみに結婚と恋は今現在は別物だと思っているけども。

 

 

もうすぐ大学またテスト時期だ。何にもしてない。何をしたら良いんだ?と今でも思っている。

edXでMITのずっと待っていた機械学習の講座が始まっていたらしく、だいぶ遅くなってやっと見たのだけれどめちゃくちゃ難しいかもしれない。でも世界中の人が参加しているのでちょっと頑張ってみたいところ。

 

 

 

正常な狂気

  • 2019.06.26 Wednesday
  • 10:42

youtubeを自動再生にしていて、だいたい気にならないんだけど凛として時雨で止まってしまった。

 

 

ものすごい訴えてくるものだから、他のことができない。そうだ、こういうエネルギーに惹かれていたんだ。そう考えると最近はどこにあるものもエネルギー不足というか、優等生すぎてつまらないんだなと思う。音楽聴いてても、先が読めるというか、全然知らない曲でも、次はこうなるだろうなーって思っているとだいたい展開が当てられるようになった。つまらなくて仕方なかった。

 

でもそれは世界の話だ。私と世界はまず、別ものなはずだ。

 

みんな私のこと否定してひどい。とか思ったりしていたけれど、本当は何よりも自分が一番自分を否定しているのではないかと思い始めている。

 

昨日、たまたま参加したワークショップみたいなもので、色々話ができてそれを感じた。これは本当に不思議な流れだなと思うのだけど、机ごとに対話をしましょうとなって、最初に同じ机に座っていた人が他の机に配置され、私は前の参加者で手伝いに来ている人と話す流れになったのだけど、それが不思議の始まりで。知らない人に自己紹介で自分のことをどこまで話すか、必要なことは何かが私にはまだ掴めていなくて、もし普通を求められたら病気のことも仕事のことも隠さなければと思っていた。だから紙に書いていく事が極端に少なかった。でも、自己紹介を先にしてもらってその人が型にはまりすぎていない自然な感じで、いっぱいいっぱいになりながら話してくれて、好きなように話せばいいんだなって重荷が取れたし、何よりその人の話している事がすっごく自分に近くてびっくりしてしまった。親との関係がずーっとうまく行ってなくて色々あって、とか表現で誰かに何かしていきたいとか。あれ、私がダメだってどこかで思っていることを頑張ろうとしている人がいる。でもこの人は頑張ろうとしている。じゃあなんで私はダメなんだ?ときくのに集中しながらも自分の中で思っていたと思う。

 

その後自分の方もあったことをそのまま話して思っていることもそのまま話して、残っているのは「人を元気にしたいっていう人は自分が元気じゃないとだめ」っていう当たり前のことと「自分を認めたり褒めたりが全くできないんじゃないか」と言われたこと。自分で自分をずっと痛めつけてきたことに気づいた。例えば、誰かに傷つくようなことを言われた、だから私はそうなんだ、ダメなんだ。と思っていたら自分の味方なんて誰もいない。それでも私は私だよと、自分に言ってあげられなければ私が崩壊するのも当たり前だ。ここ最近の私は自分の中にいる中心の自分?みたいなものを見て見ぬ振りをしていたというか、餌も何も与えず早く死んでくれたら生きやすいよって思っていた気がする。母親が私にしてきた態度を私自身に返しているような。

結局、完全に世界に同化するってことで、自分をなくせば生きやすいって思っていた。やっぱり自分は人が納得するような何かを持っていない気がしたから、捨ててしまえば楽になれると思っていた。私は世界にいなくてはいけないみたいで、でも攻撃を受けたくない、だからもう主張するのはやめて。そんな感じ。でもやっぱり迷いがあって、その葛藤をずっと続けていたんじゃないか。心の中で私が一生懸命叫んでいるのに蓋をしてまで生きていく価値はあるのか。肉体が消滅しないならせめて心を守るしかなくて、それしか方法がないと思い込んでいた。でも多分、その方向ではダメなんだ。

だからずっとずっと進む方向さえわからない。

 

自分の本当に心から望むことを、いきなり社会と結び付けないほうがいいと言ってもらえた。そんな考え方でもいいのか、となれた。何をするにも「お金になるの?」そればかりの意見を押し付けられてきた気がして、なんとかお金に変えなくてはとそればっかりだった。だからどんどん歪んでしまったんだろう。本当にやりたいことをちゃんとやれていけたら、そこにどんどん色んな事が付いてくる、常に不安と共に何かをしても、誰も納得できるものにはならない。だから自分の心を大切にするってすごく大事だって思った。

なんでかわからないけれど、そんなことを考えている時でも否定的な声がどっからかする。

何を甘えたこと言っているんだ

いい加減大人になってちゃんとしろ

とかさ。でもそれって私がまず作り出したよくわからないものの攻撃で(ネットの影響は大きいと思う)、さらにもし誰かにそれを言われてもいいようにって自己防衛をしているような。もうそういうのはやめようよって感じる。だって、結局攻撃したところで私は死なないし、私は私なりの見方で世界を捉えようとしているのだから、誰にも理解できなくて当たり前だし、否定なんてできるものじゃない。自分で自分を信じたらすごく心強いのかもしれない。もし否定したり攻撃してくる人がいても、それで決断を変えても私の人生に責任を取れるわけでもなんでもない。本当に、何の影響もないんだ。

ここで誰かのために自分を殺して否定されない道を選んでも、何にもないということ。自分が望んでいないのなら、やめるべきということ。

 

結構知りたいことをとことん知りたいという気持ちがあって、あと情弱だと騙されてしまうという恐怖があるから本当のことが知りたいとついついネットで深いところまで探っていくと大抵否定的な言葉のあふれているところにたどり着く事が多い。もちろんそれがどこの誰が書いたものなのかなんて知らない。なのにそれにいちいち左右されている、私に全く関係ない事なのに。本当のことってどこにあるのか。私は今それが一番知りたい。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM