生きてるのかという

  • 2019.11.07 Thursday
  • 21:40

何もないことがいちばんの問題なんだ

ノートをほぼ一冊書き終えて、最初のページを見てみたら、2017年の4月だった。

途中空いたりしてるけれど、埋まったことに意味があるんだろうかと少し読み返してみる。

結局今も同じことで悩んでいるような気がした。

ただ、その悩みが薄くなってしまっているような。諦めてきたのかな。色んなことを。

そんな気もしてしまう。

だから感情がないような日々を繰り返すのだろうか。

こんなことに意味があるのかと疑いながらも生き続けている自分がいるのは事実。

まだ投げ出さないと言うことは

まだ望んでいることがあるんだろう

 

やっぱり常識とか、正しく生きるためにとか、そういうの合わないし望んでいないような気がしている。

生きやすくなんてならなくていい。

ただ欲しかったものを手に入れるまでひたすら戦うしかないはずなのに

変に生きやすかったりすると戦いを放棄してだらだら生き延びちゃう

 

何が欲しかったんだっけ?

それを来週までに明確にして持っていきたい

 

 

今日、声のスクール行ったら一ヶ月前より目が開いてきたね、話し方が変わったねと先生に言われる

確かになんとなく話し声が響く感じで自分でちょっとびびってしまった

それは、この前お腹押してもらった時にそこから息が出た感触があったからだって分かっている

声にはまだならないんだけど、息の存在をしっかり把握してしまった

それが意外と自分にとって楽しく感じていて

でも楽しいとか思っていいの?苦しまないと何も出てこないんじゃない?という不安もあって

先生は、どんどん楽になるよって言うけれど

それってどういうこと?私はそれを望んでいるの?となる

でも元からの自分が出てくるだけだよって言われて

やっぱり私の元々の、根っこの部分ってとっても明るいんじゃないかと思ってしまう

負の感情は、後からくっつけられただけで

全部取っ払ったら普通の明るい人になっちゃったりして

それはそれで

どこかこわいし

さみしいんだよなあ

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM