ファミリーロマンスって会社あったような

  • 2019.08.16 Friday
  • 22:22

ただの頭の整理。

 

すごい辛いことがわかりながらも、ここをどうにかしないと何にもはじめられないからとアダルトチルドレンの本を進めてみたけれど、やっぱりあまりに辛くて、顔にまたじんましんまででてきてしまった。

流石にもうストップ。

書いてあることがすんなり飲み込めるわけでもないし、どうしたらいいの?となりながら。

 

もしかしたら、私の中で一番大きな問題って、家の中で「無視」されてきたことじゃないかと思ってきた。

存在をではなくて、感情を。

多分、その前までに色々蓄積されてきていて、もう無理となったのが14歳で。

死にたいといっても勝手にしてと言われ、15歳くらいから泣きながらご飯食べていても何も見ていないという感じにスルーされ、17歳くらいから大声で泣き喚いてもスルーされ、家を破壊しても何も聞き入れてももらえず。

どんなに大声張り上げても「近所迷惑」という理由だけで怒られ。警察よぶよと言われた時、警察がこんな変な環境から助けてくれるかもって期待したのに結局呼んでももらえず。

信頼できる大人は誰もいなかったので誰にも相談もできなかった。学校では何もないかのようにすごしていた。

できること全部しても私の気持ちは一個も考えてもらえなかったんだな。

 

そういえば、高校生の時に私がたどり着いた結論で

本当の親は別にいて、変なひとに育てられちゃってるだけ。というやつ。

本当のお母さんもお父さんも優しくていいひとで、仲良しで。

でもどうしてもの理由で私を手放したんだって思ってたんだけど。

だからこれはただの育ての親だからって自分の意識から切り離したりしてた。

だって常に喧嘩してる声とか聞こえてくるのもこわかったし。こんなに愛情のかけらも持っていない人と血が繋がっているって思いたくなかった気がする。

これはフロイトが提唱していたファミリー・ロマンスというものらしい。

ちゃんと、もう色々なことに答えがでているんだね、私だけのことではなく、私だけがおかしいわけではなかったみたい。

 

今でもたまに、本当のお母さんいるなら会いたかったとか考えちゃったりして、それだったら私の今の重荷全部なくなるのになって。つら。

 

あとは、最初に付き合った人とすぐに同棲をはじめて、やっぱり全然お互いダメで。お金もなくて。

喧嘩した時に殴られて、腕に痣がありえなくらいできてたんだけど、私にしては別に普通だったから隠したりもしないでいたら

それを見た大学の時の仲間に「大変だーなんて人と付き合っているんだ」って言われて、「え、大変なの?」ってなったことを思い出した。だってその前に親に蹴られて顔に痣できたりもしてたから、正々堂々と戦ってできた痣くらいなんてことないって思ってたんだよ。

「女の人に暴力振るう人って基本的にだめだよ」

って言われて、びっくりした。

親はそういうこと、思ってもいないから。私に痣できてようが、誰に殴られようが無関心。

そういうところが、やっぱり変な人しか選べない人の特徴なのかなと思ったり。

 

 

もうねこれだけは思う。

適当な気持ちで子供を作って育てたりすることはこの先誰もしないでほしいってさ。

その子供もズタズタだし、もしその子供が殺人犯にでもなったらさらに巻き込まれた人もズタズタで、本当に辛いことしか起きないから!って。

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM