軸の話

  • 2018.05.14 Monday
  • 18:22

明るいうちにお風呂に入ってみたら、すごく新鮮だった

外の空気と、太陽の光と、その中で揺れる葉っぱの影。遠くから聞こえる人の活動する声

いつもの外も見えない、換気扇の音しかしないお風呂に入っているのと、あまりに空間が違いすぎてどっちが私の本当の場所なんだろう?とふと思った

重要な考えを取り出すとき、昔見たことがあるような、なんだか懐かしい気持ちや、そういうものがいつも出てくる

未来を見ているはずなのに、過去にどうしても戻ることがあるなあ、なんでだろうと思った

 

でも。もし過去を全部捨ててしまったら、そこにあった感情もなかったことになるし、失敗だってなかったことになるならそこで学べることが一つも得られないということになる

だからと言って過去ばかり見ているのも進歩はできない

 

それでふと、軸が違えばいいんじゃないかと思った

未来に軸がある人が、見る過去と

過去に軸がある人が、見る未来

これは結構違う気がする

同じ過去を見るにしても、軸が違うから全く別次元になるんじゃないか

未来を作るために過去に戻って必要なものを持ってまた帰ってくるんだったらそれはいいことなんじゃないかなと

うまく言葉にまだできないけどそんなことを考えていた

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM