変な人だった

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 17:49

youtubeのあなたへのおすすめというのがどういう基準でしているのかわからないけれど、今日そこに25年間引きこもった人のドキュメンタリーがあったので見た

 

引きこもりの人って今まで映像で見たきたイメージだと意味もなく暴れたり、話を聞かないとかそういうイメージだったけど普通に話もできる人っぽかったし意図的に引きこもっていたのではなく、きっかけもなくて気づいたら25年たっていただけ、そんな感じだった

暮らしぶりは廃れているというよりは優雅と言う感じ

お金を使っているからとかではなく、自分の聴きたい音楽と読みたい本とそういうものにしか関わらず暮らしてきたからなのか

なんとなく胸が痛くなった

なんでこういう風になるのか、全部じゃないけど少しわかった気がする

基本的にこういうのは親がなんとかできるうちにできなければもう難しいのかなあと

自分の居場所が欲しいって、それだけじゃないか、そんな簡単で難しいことはないのかもしれない

2000年の話らしかったから、現代ではこういう人にも対処できるようになってきているらしい

発達障害じゃないかと、コメントに何個かあった

信頼できる人に会えたらこの人の人生は違っていたんじゃないかと思う

 

たとえ他人に生きている価値ないよと言われても、産まれてきた以上命がある

命は基本的に簡単に終わりにできない

その葛藤の中で生きるしかない

うまれるっていうのはどれだけ重いことなのか

価値がなくなった瞬間に消える仕組みだったらよかったよと思ったりもする

 

この前実家に帰った時にまた親ともめて、結局生きるって言うのは意味のないことなんだなあって思ったら全部どうでもよくなって家を壊そうかと思った

子供を自分の軽い気持ちで産んだのかもしれないけど、それがどんなことだかなんでわからないんだろう

私だって生きてきたくなかったとか今更言われても

その思いをどうしてまたさせようと思ったのか

 

何にもいいこともなかったと死にたいって一年以上言い続けて、言い続けても何にもならないってわかっていながらも全く変わろうともせず、不幸を子供のせいにして、今ある幸せに対しても見向きもせず、なんなんだろうって思った

生きてるだけでお金かかるのって、そんなのわかるけど言おうと言わないとかかるものは一緒だし、とにかくむかついて仕方なかった

買って帰ったケーキも、こんな無駄遣いして、私にはもったいないからと食べなかった

結局捨てて、そのほうがもったいないってわからないのが不思議だった

 

お正月と、この前の一泊

自分でも気になるほどものすごい髪の毛が抜けて、身体がめちゃめちゃ変になった

もし今後自分が実家で暮らしたらそれこそ本当に生きてはいけないと感じる

死ぬにしてもあの気持ちになるのは嫌だ

あの気持ちのまま身体だけ生かされるのはもっと嫌だ

 

生きてこなければこの苦しみもなかったんだろうなあって思う

いろんな楽しい気持ちも、嬉しい気持ちも、あったはずだけど結局はそこに行きつく

 

私は意味のないことはしたくない

だから今は何もしようと思っていない

生きたいと思えば、追い詰められたら働くでしょ、なんとかするでしょ

それでいいと思っている

なんとなくはなんにもできない

 

久しぶりに病院に行ったら先生に、せめて友達とか、会っていてよと言われた

一人になるのはだめだよって

死んじゃだめだよって言ってくれる人と関わっていてと言われたけど、無責任にそんなこと言う人もどうかと思いますって返した

病院だけは来なさいねと言われた

 

別に、負の気持ちに支配されているわけでもなんでもなくて

でも普通に考えたら今関わっているもの全部やめて何にもしませんっていうのは、変なんだろうなあ

お金に代わることはわからないけど、したいことなら山ほどあるんだけどなあ

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM