ふたご

  • 2018.01.05 Friday
  • 12:52

ふたご 藤崎彩織

 

ほぼほぼ実話だと思って読んだ

結局好きな男と一緒にいたいがために楽器を練習し、バンドに参加したっていうことにびっくりした

でも最終的に、ほかの誰にも変われないメンバーと巡り合えているわけだから、すごい

もし二人がただの男女関係になっていたら、バンドはなかったんだろう

結局バンドできて居場所もできて、よかったねという

私からは皮肉みたいな言葉しか出ない

 

それにしてもsaoriって言う人が結婚して子供もできたっていうのはびっくりした

旦那さんは全部知ったうえでそれでもいいよと言ったなら本当になんなのそれって言う感じ

そんなことってあるんだ

 

未来に向かうって言うことは夢もかなうけど結局いつか冷めるものなんだなあって思った

逆に夢を見つつ現実も手に入れようっていうのはよくわからない

いまいちこの人たちはどうなりたいのか今はわからない気がした

もはや小説の話ではなかった

つまらなかったわけではないけど直木賞候補っていうのはちょっとよくわからなかった

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM