恐怖のボイトレ

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 19:57

久しぶりのピラティス行ってからボイトレ

 

結構憂鬱で、私は曲決めてほしいタイプですって言ったけどあの調子じゃ絶対に決めてくれてないだろうなあと考えつつ、でも先生なんだしそれくらいはやっていてくれているはず、と思って行った

そうしたら発声からこの前言ったことと同じことを言っている

これ言ったっけ?みたいな感じで、延々話すからつまらなくなって個人のボイトレで初めて寝かけた

普通、こうしてみてと言われてそれをやってみて自分でおーって言う感覚があって感動したりするんだけど

そういうの全くなくて

いちいち質問されてもどうでもいいって思って考えるのも面倒で知りませんって流してた

もう全くやる気なくなって、そうしたら歌おうって言われて好きな歌なに?何歌う?って言うから私は自分で決めれないので先生に決めてほしいって申し込みの時から言っているのでお願いします

と返したが、そうなんだ!了解!でとりあえずなんか歌いやすいの歌ってよと言われ

しぶしぶテイラースウィフトをかけてもらうも全く声を出す気にもならず、うたいたくないって言う気持ちだけが大きくなり適当に終わる

 

最終的に、先生が曲を決めてくれる方式でも問題ないって問い合わせの時に言われていたので、と言ったら、そんなの受付の人に言われただけでしょ、俺は知らないしみたいに言われてまじでもう扉あけて帰ろうって思ったけど悔しくて泣いた

歌いたくない、無理って言った

じゃあ何で来たのみたいに言われて、要はこのおじさんだから嫌なんだって思ってたけど本当はもう誰でも無理なのかなとか思ったらもっと悲しくなってもっと泣いた

だってあなたの好きなジャンルも曲も知らないんだからって言われたけど、そこは先生のセンスに任せるわけだし好きなジャンルしかやりたくなければそういう人のところにいくわけだし

オリジナルやればとかも言うから、先生を選んだ理由は英語のうたを教えられるっていうことで選んだんです、と言った

あんな人にオリジナルに口出されるのは本当に嫌と思った

意思疎通をはかるのが難しいから仕方ないよと言われた

 

最終的に候補曲5曲くらい上げるから選んでねと、言われて私もすいませんでした、と帰ったけど

まず送られてくる気もしないし返金お願いしてもいいものだろうか

他の先生すすめられても、ここには見た感じほかにいなかったんだよなあ

先生に対する拒絶反応がひどすぎてもうあの空間で声を出せないと思う

 

なんで、歌うことを「優雅な趣味なの、うふふ」みたいに楽しめないんだろうか

こんなになってまでなんで歌おうとしているんだろうか

 

そもそも考えてみたら、私は歌が好きとか歌いたいって言う気持ちじゃなくてただ大きな声で叫ぶしかなくて、生きていくためにそうするしかなくて、そういうことバンドでやって生きているように見えた人たちがいたから、私もそうすればいいんだって思ったからバンドをはじめたんだった

でも、いくら叫んでも、なかなか届かないし、全然振り向いてももらえない

これ以上声をどれだけ出しても、もう届かないだけだってなんとなく思ってしまう

だから声を出すことがこわいんだと思う

結局は誰にも届かないって知ることは恐怖でしかない

別に喉なんて潰れたっていいんだ、がむしゃらに、誰かに届くものを私はやりたいだけ

綺麗なものが作りたいわけでもなんでもない

 

素になったらこわいから、常に見てはいけないものに蓋をして生きているだけ

なんとなくわかっている

そんなのいつまでも続かないのに

 

さすがに今日はもう引きこもるしかできそうにない

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM