天気の子

  • 2019.07.19 Friday
  • 21:44
映画「天気の子」、初回一斉のは行けなかったんだけどそれでもどうしても気になって、近所の映画館に行ってみた。普通にめっちゃ空いてた。というか上映回数が1日10回以上だから上映している間に他の回も始まるというすごいスケジュールだった。 とりあえず泣かなかった。すごく良かったけど、君の名はほどの衝撃はないと言う感じ。
ネタバレになるから見たくない人は見ない方がよいです。 私が一番印象に残っているのは、三人で逃亡してホテルに泊まった時の、楽しい時間はもう続けることが難しいからこそ宝みたいに見える空気。 帆高が「今がずっと続きますように。何も足さなくていいから、何も引かないでください」みたいな感じで心の中でお願いをしていたその言葉がすごく切なかった。ほんとに、ここが最高って思っても人生はそこで止まってくれないから切ないんだよなって思った。 一番心にきた。 人柱っていう意味が今回初めてはっきりわかったんだけど、最近見てたアニメの「どろろ」も割とそんなところあったよね?と思い出した。 この話はハッピーエンドなのか。私の中では結論は出ていない。世界の全部を敵にしてでも守りたい人がいるっていうのは確かにすごい。レビュー見てたら「若さ」故って割とあったから、若さがそうさせるらしい。そうなの?大人になるとつまらなくなるっていうのは常識でしかものを見なくなるからなんだろうか。
でも、いくら「若さ」を武器にしても、やっぱり新宿の線路の上を走るのはだめでしょって思っちゃう。大切な人を守りたいっていうのはそうしなきゃ伝えられないのかな?そう考える私は若くないからなのか。ただ冷めているのか。
なんていうか、結構現実とリンクさせている場所とか物とか(宣伝?)あるから架空都市だったらアリかもだけどなーと思ってしまった。
新海誠は新宿好きなのかな。君の名はも新宿出てきたしなあ。 きっとロマンチストというか、大人でも夢がみれる人なのかもしれない。なんか羨ましく思った。 前に、新海誠の話を知り合いがしていた時に、彼は絶対に中心の男女をくっつけないんだよね、と言っていて、君の名はも最後はすれ違いなんだよって言っていた。あれは解釈のしかた次第だと思うけれど。たしかに他の作品を後からみても、すれ違いの話にこだわっている気はした。
今回は、二人がちゃんと再開して、喜び合うっていうのは何か心境の変化があったのかなとちょっと気になる。そのかわり、犠牲にしている何か。 世界の喜びがゼロサムゲーム的なものなら、誰かが喜べば誰かが悲しむということになる。 うーん。難しいな。
動いている人とお金の桁がすごそうだし、めちゃくちゃ商業的な映画なんだろうけど、また観に行って考えたい。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

  • 2019.07.04 Thursday
  • 23:55

 

知り合いが映画何か見たいという感じだったので、とりあえず選ぶ。テレビシリーズも何もみてないしほとんど何もわからない状態で予告チラッと見て面白そうかも、というただそれだけの理由。

題名が、中二病っぽいけど予告は結構よかったんだよ。

でも見ている途中から、何となく、ファンじゃないのに見てすみませんという気持ちになった。淡々としすぎていて、音楽もうちょっと入れてくれてもよかったよなーって感じたりもあるけれど、あれこれ言うならちゃんと内容とか絵をわかった上で見に来いよ、と返されたらどうしようもないし、最近の映画の中では混んでいたからファンが結構いるってことだろう。男の人の割合が高くて、女の人がほとんどいないのが珍しいなーって思ったくらい。

声優の人の声は確かに、萌え系の王道って感じで人気あるんだろうなって感じ。

 

私的に「天気の子」への期待が増してしまった。画の綺麗さだったり作り込み具合ははきっと比じゃないだろうな、もっとお金かかってるだろうし音楽もRADだしなっていうことで「天気の子」公開初日に観に行きたいなと今は思っている。人とも行くだろうからきっと何回か行くはず。新海誠って、やっぱりすごいのかもしれないと最近感じる。youtubeとかでも新海誠風のアニメが増えたなと思ったり。男女が交互につぶやきあって出会うとかさ、完全に新海誠というジャンルを確立してるよなって考えるとすごい。王道をいい感じに作ってるしね。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」は、王道じゃないけれど好きな人は好きっていうものだから比べる次元が違そうだ。

 

 

本でも最近読んでいて、なんで借りたか思い出せないものがあって、読んでても自分がその本を選んだ理由が全くわからなくて、ファンだったらわかるんだろうな、ファンじゃないのに読んだりすることが間違ってるんだろうなって思った事があったのを思い出した。

もう、この先は下調べの上観てください、読んでくださいが当たり前なのか?そう考えるとライブだって、わかってる人しか見ないっていうのはそうだしなあ。ふらっと寄りましたなんて、ほぼいないよね。現代人は、やる事があまりにあって忙しいから暇を潰しに外になんて出ない。ネットにさえ繋がっていれば家にいた方が有意義に過ごせるくらい。買物だって何だってできる。

外に出る理由=人と時間を共有する

そういうことかなと感じる。

映画だって映画館に行かない限りどんな人が観に来ていて、どんなところで笑ったり泣いたりしているのかわからないもんね。

私が一番興味あるのは「人間の感情」なので、そのために行動して行くつもりだ。

 

引っ越し前でちょっとナーバス。

 

 

 

 

 

 

光のお父さん

  • 2019.07.01 Monday
  • 23:12

「劇場版ファイナルファンタジー将検仝のお父さん」を見た。

なんとなくこの話の存在は知っていたけれどドラマも見たことなかったから初めての話。

ちょっと泣きそうになった。家族っていいものなんだなって思えた。普通の家族ってこうやって食卓に集まるの?大人になっても?だとしたら羨ましい。

でも、こわいなと思ったこともあった。面と向かっては話ができないけれどネットを通せば本音が話せるっていうのは、この先もっともっとそういう人間関係が増えそうで、笑えないような気がした。近くで顔をあわせる人間とは関係を作れないけれどネット上で仲間は作れるとしたら、なんでなのだろう??普通に一緒にどっか行けばいいのに、デートをゲームの中でするってどういうこと!?!?という感じで、さすがに私でもちょっと嫌だと思ってしまった。やっぱり私は生身の人間と出会いたいしコミュニケーション取りたい。ただのチャット相手だとしたら、それは人間だろうと人工知能だろうとあんまりわからないようになりそうだ。

でも仲間ってやっぱり欲しいよね、そういう人がたくさんいるならちょっと嬉しい。

親子を受け入れてくれる仲間ってどれだけいい人たちなんだよって気もする。まさかこれは実話ではないよなあ?と思っていたけど実話・・・??

 

主題歌が、誰か全然わからないけれど歌い方がGLAYのどうもTERUっぽい、でも声が違う気がするから、息子かなあと考えたけれど息子はいないはず。ものすごい影響を受けた誰か?それかTERUが歌ったものを加工してる?とかそんなことを考えながら聞いていた。そんで帰りに調べたらGLAYとあったから、普通にTERUが歌っていたみたい。なんか声変わっただけかな。もっと太い感じだったような。昔GLAYにはまっていたとき思い出して、ちょっとだけ懐かしくなった。唯一の青春。

 

ファイナルファンタジー将犬辰討修發修發匹ΔいΕ押璽爐世辰燭鵑世蹐Α?クエストどうの、とか言うしモンハンかと思ってしまった。

 

普通に面白かったから見てよかったな。

怪獣の子供

  • 2019.06.14 Friday
  • 22:15

なんの知識も持たず、予告ちらっと見て面白そうだなと見てきた。久しぶりに映画が長く感じられて、身体が痛くなって仕方なかった。映像は、すごい綺麗。時間とお金かかってそう。でも話はさっぱり。もう途中からわかってた。これは、映像と音を楽しむもので、意味なんて考えちゃいけないって思いながら見ても、もう限界だった。本当面白い映画だと、時間が長いとも思わないし身体も痛くならないからわかりやすいと思った。

気になったのは、最初のタイトルからラピュタを意識してるのかなあと。作った人たちは好きなのか?ということと、登場人物の格好つけた独り言、そのセリフ誰に言ってるの?と引いてしまったことかなあ。

主人公の声の人は、演技はうまそうだけど、好きになれない・・・と思っていたら芦田愛菜だった。別に芦田愛菜が嫌いなわけじゃない。

なんだろなあ、とりあえず登場人物誰の気持ちもわからなかったし、誰も好きになれなかったのもある。

かなり疲れたのでレビューとか見る前に自分なりの感想を書いた。もし、レビューが絶賛されてたら流されていい作品だったのかも・・・とか思ってしまうかもしれないから。

 

 

米津玄師の音楽が最後に流れるんだけど、youtubeの再生回数が数日で2000万回突破してて、映画が人気なのか?と思ってたけどそれとは別かもね。

ただ「米津玄師」が今人気なんだろう。私はこの曲をわざわざ聞くことはないかもしれない。

あまりにみんなに絶賛されすぎて米津玄師まっすぐに聞けなくなったような。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM