エルプサイコングル

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 23:47

志倉千代丸という人が天才だと言われているのを知って、今のタイミングでシュタインズ・ゲートゼロを見た

アニメ版を作った人っぽい

本当はゲームしようと思ったんだけど、もうそれすらどこにあるのかわからなかったので

でも、きっと今のタイミングで見ることに意味があったんだろうなあとなんとなく思いつつ

いまいち難しいからか全ては飲み込めていない感じで・・・となっている

 

・結局くりすは救われないのか

・未来から来た人たちがずっと現代にとどまったら、その世界にその後産まれる自分ができて同一人物が同じ世界になることになるけどそれはタイムパラドックスが生じないのか

・まゆりが岡部をビンタした後の世界線はどこなのか

 

とか、とにかくうーーーーん?っていっぱいなりすぎて

志倉って言う人が天才かどうかもよくわからず終わった

 

 

あと今日気になったことは

ジムのある特定のインストラクターの人のリズム感がおかしいのか、私がおかしいのかという

他の人だとそうはならないからその人だけだと思うんだけど

なんかすごいずれるし、音楽も何故か難しいのだったりするからなおさらリズム取りにくい曲かかっていたりで

でも最近ギター弾くときも歌う時もリズムをどうやって合わせるかっていうのをかなり意識しているから、それで私がリズム取れないとしたらどういうことなんだ・・・ってなるよなとか

どちらかというと自分は急ぎ気味で、早いタイミングになっちゃうって最近わかったことなんだけど

 

 

あとは、大学の卒業資格を取って大学院行けばいいんだっていう気持ちになってきてる

頑張れば2年かからず取れそうで

でも学費だけじゃなくその間の生活とか考えるとやっぱりどっかでお金作らないとって

実家に帰るしかないって考えたり、他にも方法は、あるかもしれない、まだ、もしかしたらとか

 

 

バイトはもう不採用通知が届いて、個人情報の取り扱いがどうのとかすごい色々言っていて、履歴書は返せないってなんでなんだろうなってちょっと思った

どうせ封筒おくるなら、履歴書返しちゃった方が楽そうなのに

でも、同じバイトでも個人情報とかの話もなければ時給の説明も、交通費の説明もないようなところもあるし、今回のところはあまりに説明に力を入れすぎていたし、本当に色々あるなあと思った

 

早くシンギュラリティこないかなあと最近はまたそんなことを救いに感じている

 

 

頭の中メモ

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 00:16
大学と言うより大学院に行きたいけど大学卒業してないから大学からやり直さなきゃいけないのが大変そうだけどやっぱり学びたいしなにより研究や実験というものがしてみたい気持ち


調子が崩れると当たり前にできた日々のルーティンさえできなくなると気づいて、自分の調子をみるためにもルーティンを毎日決めて続けるのはいいかも


明日はなんとか早起き即行動を目指す

刺激がありすぎた

  • 2018.10.15 Monday
  • 01:07
日中。テレビをちょっと見てしまったら脳が痺れてしまった感じでずっとぐるぐるしている

こんなに引きずるなら見なきゃ良かったと思うレベル

なにこれっていうの見てついネットで反応を見てしまったらやはり否定的な意見ばかりででもそこで脳がやられた
他人に対しての言葉でもものすごい数が頭に入るとやられるね
ネットこわいや
否定した感情の私に対しては肯定の意見なんだけど、そこで自分を正当化しようとするのも気持ち悪い考えだと思うし
ネガテイブな言葉を頭に入れ続けていい影響があるわけがない

前にニンジン(多分)を切って放置するという実験をした人の話で、綺麗だねと話しかければニンジンは綺麗であろうとするが、けなしたり汚い言葉をかけ続けるとぐちゃぐちゃになるという事実があったよなあと思い出した
本当らしい
だから言葉の力って偉大なんだよ

軽々しくネガテイブワードを形として出さない方がよさそうだし無駄なこと考えるのはやめよう

あとは自給自足で生きていけるとしたらちょっとすごいと思って、でもそれだけじゃ絶対無理だとわかった
だって現金じゃなきゃ手に入らないもの山ほどある
洗剤とか歯磨き粉とかもうそういう生活必需品とか
電子機器もったらその通信代とかさ
だから社会から離れたくて自給自足やるのはあり得ないみたい
でも私人と関わりたいとか思いながらどうしてこんなこと考えるんだろってなる


でも作ったものを売る行為が出来れば現金化出来るのか
野菜とか?
うーん
ただ自分が生き延びるということなら何とかなるのかもしれないけどね
何がこわいんだろうか

とりあえず現在物事に対して否定的な脳になってるのが凄く困る
戻し方は
ひたすらいい事、感謝すべきことを考え続けるのみだと思う
具体的に思い浮かばなければありがとうとひたすらに唱えたり書いたりするだけでもだいぶ変わる


あとさらに 脳科学と機械の話に救いがある気がするから、音楽と最新技術の融合はやっぱり一番興味ある



もう今までに存在していることを見てもあまり救いは感じられない

終わりがない

  • 2018.10.14 Sunday
  • 22:33

バイトの面接に行ってみた

もうそれはただ世の中の勉強のつもりで

なにか得られそうだから、拘束時間も短くて週に3,4日でいいとあったから気楽に応募してみた

で、まだ結果も出てないけど、落ちてたらいいなと願う始末

お金はなにもしないよりは確かにはいるけど、家賃にもならないから本当に修行だと思ってやり遂げるしかないんだけど

まあ、販売員な訳です

で、その仕事っていつまであるんだろう?今しか出来なそうって言う気持ちも少しはある

人間じゃなきゃいけない仕事だと、今の私は思っていない

わたし個人と言うお客さんの立場では機械でも良さそうだけど世の中にどう必要なんだか気になると言うのはある

半年間の契約で、更新は7回まで可能と言われたから最長4年間続けられます。

と言われた

4年は機械に変わらないってことなのか、ただの労働基準法というやつなのかはわからない

 

有給休暇はどうのとか、バイトの面接でここまで細かく言われるのはじめてで、随分面倒だなと思ってしまった

雇う側も、雇われる側も揉めないように出来たルールなんだろうけど

契約って重いね

半年間の契約って半年間勤めなかったらいけないんだろうか、罰金とかは書いてなかったけど

半年間は無理だなあと正直思ったり

家賃にもならないわけだから、その仕事を主軸にこの先なにかを考えることはできなくて

それだとちょっと重すぎる

半年後はもう今の生活は確実にしていないから、半年後のことなんて知らないしこっちだってわからない

どこにいるのかさえ

年内だったら多分、まだなんとか頑張れたんだけど

 

あと憂鬱だと思うのはシフトが一ヶ月前とかに決められて絶対その通りに動かなきゃいけないということ

これはただ単に縛られることに慣れていないから

縛られて正常でいられるのかが心配

内容的に覚えることがそこそこあったとしても、終わりはなくて、基本人を待つ仕事だし、その時間滞在してお客さんを迎えるというのが仕事と言うのは本当にやりがいあるんだろうかと

ないだろうなあ

 

なにかを製作する、そのプロジェクトのために集まるとかそういう仕事の方が合ってるのかな、だって完成したら達成感と共に終われるじゃない

わたしはなんの目的を今回もってやればいいんだろう?

1日何人接客する!ってのもレジ係には決められることではない

ありがとうって言ってもらえる接客をするとしてもレジ係にそこまでやることあるのかなとか

時給は何をしても上げられないし

契約期間というくくりがあったとしてもそこに向かって何かを習得するって言う話でもないしそこでそのお店が閉店するとかでもないし

目標が立てにくい

わたしは目標が立てられないことは基本すごくすごく苦手なんだった・・・

 

じゃあなんで応募したかって、知りたいのはその、流通のシステムとかその大きな組織の中で人がどういう風に配置されて動いているかとかそういうことと

あとはやっぱりお店にわざわざ足を運ぶ人たちがどれくらいいて、っていう生身の人間の行動を観察したいという好奇心

ネットの世界ばっかりになっているから

 

だから受かってしまったらそのために頑張りたい気はあるのだけれど

もし半年絶対にやらなきゃいけないなら無理ですって面接で言えばよかった、失敗したな

雇う方からしても、お金かけて求人して、雇った人にすぐに辞めてばかりいられたら困るのはわかるんだよ

私だったらやっぱりむかついちゃう

でも「バイトだから」ですんじゃう気もするけどね

 

面接官二人いたんだけど、人をすごく見抜ける人だったらおとしてくれると思う

面接はいい勉強にはなった

一応こっちも交通費もかけて、履歴書と写真のお金も出して面接の勉強させてもらったということで

だいたい即決してくれないやたら形式にこだわるバイト先はあわないというのはもうわかっている

今回は分かっていながらとにかく勉強、修行それだけ

あとは精神がどこまで持つかという話

 

本当に私どうするんだろ

自分でもわからん

こんなことやりたい!って言うのは日々思い浮かぶんだけど

何をどうしたらそんなことできるのかわからないような事ばっかり思い浮かんでは消えていく

 

あと、オンラインサロンに積極的に関わろうと思ったからオフ会とかそういう直のつながりにめっちゃ苦手でもがんばって顔出そうって思ったんだけどそういうのも参加費とかいちいちかかると結構世の中お金なのねえってなってちょっとわからないダメージがくる

資本主義社会。

まず月会費も結構払いながら、オンラインだけだとろくなことがやっぱりできなくて

どうしたら???ってすごいなっている

まあ仕方ないけどさ

有名な人のところはやっぱり基本その人のお話が聞けたらありがたいって思わないといけないみたい

公演会だとかそういうのに優先的に参加できるとか、そういう話ばっかり上がっている気がする・・・

その人は本当にすごい人だと思うんだけど一回くらい話聞いてみたいけど毎月一万とか払って講演会の優先権をゲットするだけなら微妙だ…と思ってしまう

でも会員が600人とかいた気がするから

みんなお金払って何してるんだろ???ってすごく疑問

 

 

まーーーーーーでも。

思うけどどこに行ったって何に参加したって、自分にパワーがあればなんでもできちゃうんだよね

だからできないとしたらパワー不足の自分をどうにかすべき

何が何でもこれをやるまでは死ねないというものを情熱とともに人に表すことができなければきっと私は終わりだ

そういうこと

もっと真剣になるべき

私的にはなってるんだけど、身を削ってないから得るものも少ないのかもね

もっと痛みとかそんなものに構わずやらないとだ

怖がってる自分がばかみたいだ

 

 

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

  • 2018.10.12 Friday
  • 23:31

映画。見てきた

 

タイトルからして意味わからなかったんだけどあえてわからないことに挑んでみたらやっぱりわからなかった

笑えたけど

 

これは多分、考えちゃいけない映画なんだろうなと

 

私は考えすぎなんだよ、なんにでも意味があるわけじゃないって改めて認識した映画だった

 

でも。普通にめっちゃ空いてて、ガラガラなのにわざわざ隣の席を取る人ってなんなんだろ?

しかも選んで座ってるわけじゃなくて予約してそういう席をわざわざ取るっていうのがもうよくわからない

電車でも、普通にガラガラな時にパーソナルスペースだとかそういう空間的に気を配れる人が座る所と、そういうことがわからない人が座るところがあるって聞いたことあるけれど、まさにそういうことなのかなあと思った

 

あと、映画館でアナウンスする人が何故かこの映画のタイトルやたら感情こめて言ってる感じでみんな笑っていたのが新鮮な気がした

 

 

家に籠ってると実はよくないって思ってきたから平日はなるべく朝から夕くらいまで外で活動したいと思ってきた

人の気配がある中で何かをするのも修行のひとつということで

どこにだって行けるのさ

 

誰かとの接点を持ちたいならやっぱり外に行った方がいいのかも

ネットもいいんだけど、そういう繋がりじゃないものを求めている感じがする

 

 

 

 

野菜が好きという人は

  • 2018.10.11 Thursday
  • 13:44

野菜の味が好きなんだろうか

それともヘルシーなところが好きなんだろうか

と、サラダを食べながら思った


私はもし野菜に何の栄養もありませんでした、食べても食べなくても同じです、と言われたらサラダを食べないだろうなあと

レタスとか葉っぱを噛み砕くのが微妙にめんどくさいと思ってしまった

身体にいいからと思って食べてるのはあるんだろうな


ポテトサラダは、味かもね

サラダっぽくないけど

ばかな人

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 20:58

あれだけ騙されないようにって気を付けながら、はまった

 

留学情報サイトで、一個だけ気になるものがあったから資料だけもらおうと思って軽い気持ちで請求したら電話とかメールがすごいきて

ああ、これは騙されたやつだ…となった

だって「〜プログラム」に対しての資料請求したのに、まずいろんなところから、何をお望みでしょうか?ってくるのおかしいから

つまり自分の連絡先と名前だけいろんな留学エージェントに売られているということになる

そう考えると、まんまとアフィリエイトに協力する形でだまされたんだろうなと思った

そこから資料請求したらいくら入るって言う感じで、こじつけで色んなエージェントに情報を流される

めっちゃ迷惑だわ

これはちょっと悪質な気がしている

だからアフィリエイトにいいイメージ持てないんだ・・・

となっている

 

ていうか、ばかだね

何でいつも気づかないかねえ

 

 

アップルにかたむく

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 19:53

その一

 

「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」

が終わる前に行きたかったので六本木の21_21 DESIGN SIGHTに初めて行ってみた

小山田圭吾の作った音楽をもとにいろいろな表現をしているのを映像で見てきた

 

 

 

 

やっぱり芸術っていうのは難解な方が残るというか

気になってしまうから後々まで考えてしまうからなのか

単純にすごいなー!というものから、なんでこんなことしたん??みたいなものまで

 

一番奇妙だったのが、水尻自子という人のやつで、ティッシュと、ちぎれた指と、包丁と、お寿司と、パンとが何とも言えない動きをしているやつだった

 

 

ああ、私は人を楽しくすることやりたいとか思ってたけど、そんなものよりもっと人の本質に触れてしまうようなことがやりたいのかもしれないって思った

出来れば触れたくないけれど、触れずにはいられない、みたいなどちらかというといいものなのかわからないというような

 

 

その二

 

アランチューリングという人が気になっていて、とりあえず映画の「イミテーションゲーム」を見てみる

天才っていうのは孤独なものなんだなあと

こんな風にすごい人だったと言われたのも、死んでからずっとずっと後なんて、と考えると何とも言えない気持ちになる

 

 

 

最近何をしたらいいか全然何にも確信が持てなくなってきていて、ニュージーランドに行ったらいいのかもと突然思い浮かんだ

意味が分からない

そんなこと誰も望んでないし

ていうより、私に何か望んでいる人とかいるのかっていう、そもそもの話だな

 

音楽か、文章くらいしか私の表現手段も思い浮かばないのだけれど

誰かに望まれたいよね

私の存在というより私の作り出すものをさ

 

 

その三

 

androidがあんまり使い勝手がやっぱりよくないと今更気づく

反応も鈍いし

家がクロームキャスト使っているし、グーグルホームだし、って思っていたけれど

appleの方が色々優れていて、apple TVを買えばよかったよとか思う始末

次はやっぱりiphoneかもなあと感じる今日この頃

高いけれどね

 

 

機能が低下

  • 2018.10.08 Monday
  • 15:36

この前からどんどん調子がおかしくなっている

この前は、かなり気に入っていた服をなくして、それもよくわからないのだけど多分、買い物帰りに身体がおかしくなった時に買ったものおとしまくって帰った時にきっと服も落としたのだろうと思った

もうその時点でやばいけど動揺しなかったのが成長だったのかもしれない


あとは月曜の祝日が九月末からもう三回目で参っているのと(祝日はジムも行けないしペースが狂う)


神経の敏感さが悪い方にどんどんいってて、電車がきつくなってきた


これは私が脳を甘やかした結果なのか、でも病気からくるものなのか

多分思考だとか行動の仕方もどれも複雑に混ざったものだとは思うけど


最近まで出来ていた事も色々出来なくなってきてる


ちょっとやばい気がする


まず人に会わなくなったのはまずいのかもと

少しバイトでもしたらいいかもしれない

面接受かればだけどね

なんとなく気になるものに送っても面接までもいかないからなんともだ

集中力がもっとほしい

  • 2018.10.07 Sunday
  • 21:44

集中力がとにかくほしい

もっともっと

すごいやつ

 

本を読まないと決めると途端に読みたくなって仕方がない

制限がかかるとこんなにも気持ちって変わるのか

 

でもその分ぽっかりあいた時間を久しぶりに体感する

つねに「何かしなきゃ」といたから「何もしない」ってすごすのは新鮮だった

 


ウィリアムモリスと言う人のスクラッチアートやった

 

最近たとえ話でコップの水の話を本でもよく見かけて

コップに水が半分入っているという事実をどう受け止めるかというやつで

「もう半分しかない」がネガティブで

「まだ半分もある」がポジティブらしいんだけど

それ割とそうだと思ってたんだけど今日いきなり、それでいいのかなって感じた

私は多分どっちも目指してない

もっといい解答があるんじゃないかと思う

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM